製品 > Drone2Map for ArcGIS > 活用事例

Drone2Map for ArcGIS

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ArcGIS を活用したデータ作成/現地調査業務の効率化

JA道央

GIS を用いた農地調査・管理業務で大幅に作業時間・人員を削減 ArcGIS プラットフォームの特徴 保有するデータを GIS データに統一し、現地調査の作業進捗の把握・管理を一元化 課題 経営所得安定対策業務の効率化 (詳細はこちら)

超高精度な数値表層モデルと気象情報を加味した太陽光発電システム日射量解析手法

九州工業大学

日射量解析システムで太陽光発電パネルの出力に影響を与える「部分影」を解析 課題 太陽光発電パネルにかかる部分影が起こす出力低下 天候変動による太陽光発電システム出力低下 導入効果 数値表層モデル(DSM)があれば任意の日(詳細はこちら)

ドローン空撮測量と連携した新しい数値風況診断技術の開発

九州大学

九州大学は、西日本技術開発株式会社および株式会社環境GIS研究所の協力の下、「数値風況診断技術 RIAM-COMPACT (リアムコンパクト)」と「ドローン空撮測量」を連携した新しい数値風況診断技術を確立し、空撮画像から作成した詳細 3D 地形を用いて高精度な風況シミュレーションを実現した。

平成28年熊本地震におけるGISとドローンの災害廃棄物処理業務への活用

環境と開発

熊本市を拠点とする環境・開発プロジェクトの総合コンサルタントである株式会社 環境と開発は、東日本大震災での経験と、最新のGIS・ドローン技術を用いて、迅速かつ精度の高い熊本地震の廃棄物処理業務を実施した。


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る