製品 > ArcPad > 活用事例

ArcPad

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

活用事例

東北初!交通事故情報を ArcGIS Online を活用して住民向けに公開 交通事故発生から情報公開までの業務がスピーディーに

福島県警察本部

交通事故発生の減少に取り組む福島県警交通部では、県内で発生した交通事故情報を収集・分析し、その情報を 2016 年 12 月よりクラウド版 GIS である ArcGIS Online を活用し、住民向けに交通事故発生状況を地図上で確認できる「交通事故情報公開システム」の運用を開始した。

『白鳥大橋ハーフマラソン・ウォーク』 運営時の状況認識の統一 イベント記録・PRに GIS を活用

北海道室蘭市

GIS 上で運営中の地理情報を一元的に管理するとともに、調査アプリを用いた写真投稿を実施し、市民向け交流・発信の場を設けた 課題 人員・運営設備情報を紙地図上で管理していたため、更新・活用の工数が膨大であった。 広報資料(詳細はこちら)

GM によるサプライチェーンのリスク調査・管理方法

GM社(ゼネラルモーターズ)

本記事は、米国Esriが公開した記事「How GM Maps and Manages Supply Chain Risk」を翻訳したものです。 夜に布団に入っても中々眠れない、という経験は誰にでもあるだろう。だが、もし自(詳細はこちら)

豊かな「農・漁」を育む森林の活性化

福岡県 糸島市

持続可能な森林経営の実現 課題 森林・林業行政の根幹となる計画策定 荒廃した人工林の増加 導入効果 持続可能な森林経営の実現 森林情報や多種多様なデータの集約 概要 「はろ展望台」から見た二丈岳の眺望 糸島市(以下、本市(詳細はこちら)

ArcGIS を活用したデータ作成/現地調査業務の効率化

JA道央

GIS を用いた農地調査・管理業務で大幅に作業時間・人員を削減 ArcGIS プラットフォームの特徴 保有するデータを GIS データに統一し、現地調査の作業進捗の把握・管理を一元化 課題 経営所得安定対策業務の効率化 (詳細はこちら)

タイ洞窟遭難事故 少年たちの救出に向けた 最善策の立案に GIS が貢献

タイ鉱業資源省 / Esri Thailand社

洞窟への水の流入箇所の特定、洞窟内部の構造、水位、酸素濃度、気象状況など、あらゆるデータを GIS で可視化し、救出の最善策を立案 課題 地上の水が地下に流入している場所の特定と排水方法の検討 洞窟内部の実際の通路の大き(詳細はこちら)

平成 30 年 7 月豪雨における建物被害調査

倉敷市

迅速な住家被害認定調査により、被災された市民の方々の1日も早い生活再建を! 課題 災害発生後の素早いシステム構築 迅速な住家被害認定調査 リアルタイムな調査進捗の把握と管理 導入効果 クラウド GIS の活用により導入決(詳細はこちら)

地元建設コンサルタント企業の災害対応における GIS の活用

中電技術コンサルタント

行政からの災害情報を素早く正確に ArcGIS 上に可視化! 課題 災害時に行政機関が保有する多くの文字情報に位置情報を付与し、正確な情報の地図上への速やかな可視化 汎用 GIS によるオープンデータ(外部機関等が公開す(詳細はこちら)

平成 30 年 7 月豪雨災害被災地における GIS 活用

広島大学

災害ボランティアセンターにおける地図の活用 課題 災害時のボランティアセンター運営における地図の活用 各フェーズにおける地図に対するニーズの変化 導入効果 GIS 上に情報を記録することで、全域地図や詳細地図を短時間で作(詳細はこちら)

安全対策に向けた交通事故分析情報の公開と安全教育の地区選定

山形県警察本部

山形県内の交通事故件数の削減に向けた施策立案を行う山形県警察本部 交通部交通企画課(以下、山形県警)では、県内で発生した交通事故情報をArcGISで分析することで、交通事故が発生しやすい地点を把握し、地域の安全対策として交通事故発生状況を山形県警のホームページを通じて公開した。また、例年秋から冬にかけて多発する高齢歩行者の事故対策として、高齢者の住居状況などの統計情報と交通事故状況を重ね合わせた分析を行うなど積極的な GIS 活用に取り組んでいる。

1 2 3 4 57

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る