製品 > ArcPad > 製品詳細 > ArcPad 10.2.1、10.2 の新機能

ArcPad

ArcPad 10.2.1、10.2 の新機能

Bing Maps の利用

ArcPad 10.2.1 では、利用可能な背景地図が増えました。Microsoft 社が提供している Bing Maps を選択してご利用いただけます(利用するには有償の Bing Key が必要です)。

Bing Maps の利用
Bing Maps の利用

 

ArcPad 10.2 では、ArcGIS for Server や ArcGIS Online で管理するデータとの親和性が向上し、属性データの自動入力支援が使用できます。これらの新機能により、データの入手とフィールド調査の両面から業務の効率化が期待できます。

ArcGIS for Server / ArcGIS Online とのデータの同期

ArcGIS for Server または、ArcGIS Online で管理しているフィーチャ サービスを ArcPad 上で編集を行え、この編集したデータの同期も行えるようになりました。

この機能を利用すると、これまで以上に、Web 上のデータを簡単に手間なく活用することができます。

フィーチャ サービスの同期
フィーチャ サービスの同期

 

パッケージの共有

ArcGIS Online をご利用の場合、ArcPad での現地調査用にあらかじめ準備したデータやマップを含む ArcPad プロジェクトや、カスタマイズしたテンプレートを含む ArcPad テンプレートを ArcGIS Online 上にアップロードできます。ArcPad プロジェクトは、ArcPad 上で編集してデータの更新を行うこともでき、ArcPad テンプレートは、ArcPad でクイック プロジェクトとして利用することができます。

例えば、フィールド調査に使用する ArcPad テンプレートや ArcPad プロジェクトをアップロードしておくと、遠隔地からでも自由に取得して利用することができます。

ArcPad パッケージ
ArcPad パッケージ

 

属性値の自動入力

調査時に属性値の入力を行うレイヤに対して、あらかじめ自動で入力する項目を設定しておくことで、フィーチャが作成されると同時に、指定した値が入力される便利な機能です。

例えば、調査者の名前や GPS から取得した位置情報、フィーチャの占める面積などのデータを自動的に属性フィールドに格納することができ、現場での入力作業を軽減することができます。

自動入力値の設定
自動入力値の設定

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る