製品 > ArcPad > 製品詳細 > データ編集

ArcPad

データ編集

データの作成・編集
データの作成・編集

ArcPad では、マウス ポインタ、ペン、GPS、レンジファインダーによる入力を使用して、またオフセットやスナップ設定を利用し空間データの作成と編集ができます。

データの作成・編集

ArcPad の編集ツールを使用して新しいデータを簡単に作成できます。図形の作成や属性の入力は、マウス ポインタ、ペンを使用して画面上で入力します。 新しいポイント データを作成するには、マップ上で 1 回タップします。 ラインまたはポリゴン データを作成するには、データを構成する頂点を入力します。
データの作成には、右図のように多様な編集ツールを使用することができます。

GPS を利用したデータの作成
GPS を利用したデータの作成

GPS を利用したデータの作成

ArcPad では、新しい図形を作成する際、GPS との接続を行っている場合にマウス ポインタ、ペンの代わりに受信した GPS 情報を使用してデータを作成することができます。 GPS から受信した座標値をそのままポイント データとして、またはラインやポリゴン データを作成するには GPS 座標値を図形を構成する頂点として入力することが可能です。

オフセットの利用によるデータの作成

ArcPad では、オフセットを使用したデータの入力が可能です。 オフセットは、次の状況での GIS データ収集に使用されます。

  • 近づくことが難しい、あるいは危険であるためアクセスできない場所のデータをマッピングする場合。 たとえば、島にある木や、交通量の多い道路中央のマンホールなど。
  • また、GPS 信号を受信できない、あるいは十分な精度の GPS ポジションが得られない位置のデータをマッピングする場合。 たとえば、大木の下や、細い街路、つまり「街路空間」など。

オフセットは、距離、方位(または角度)、および/または、鉛直角(または傾斜角)の組み合わせによって、データの位置を決定します。

属性情報の編集
属性情報の編集

属性情報の編集

ArcPad では、データの属性情報を簡単に入力、編集することができます。
新規に図形を作図した場合には、マップ上に図形の入力後、自動的に属性入力フォームが開きます。また、データをマップ上でタップすることで、容易に既存データの属性情報を更新することが可能です。
さらに、調査内容に合わせ、属性情報の入力を効率化するためにカスタム属性入力フォームを作成することができます。

関連テーブルの編集

1 つのフィーチャが別テーブルに格納された複数の属性を持つ( 1 対多の関係)リレーションシップ テーブルを ArcPad 上で編集することが可能です。
右図の例では、一本の電柱に複数の電灯が取り付けられています。そして、それぞれの電灯は定期的(複数回)に検査を受けて いるという状態を、フィーチャとテーブル( 1 対多)、テーブルとテーブル( 1 対多)の関係で表しています。

関連テーブルの編集
関連テーブルの編集

スナップ

スナップ とは、別のポイントまたはフィーチャから指定された距離(許容値)内にあるポイントまたはフィーチャを、両者の座標が正確に一致するよう自動的に移動させるための編集機能です。
図形の編集の際に他のデータにスナップさせることで、よりデータ収集を効率化することができます。この機能は、特に PDA などの画面が小さい状況で作業を行う際に有効です。
例えば、区画データと土地利用データがあり区画の境界線に沿って土地利用データを編集する場合など、スナップ機能を使用することにより境界線同士を隙間なくぴったりと重なるよう編集することが可能です。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る