製品 > ArcGIS Runtime SDK for WPF > 非公開: 製品詳細 > ライセンス

ArcGIS Runtime SDK for WPF

ライセンス

ArcGIS Runtime SDK のライセンス形態

ArcGIS Runtime SDK はソフトウェア開発キット(SDK)であり、ArcGIS for Developers にサインアップすれば、開発および評価を無償で行うことができますが、開発したアプリケーションを配布するには配布用のライセンスが必要です。配布に使用するライセンスは、開発したアプリケーションが利用する機能に応じて 2 種類のライセンスおよびエクステンションライセンスから選択します。

配布ライセンスの種類

Basic
ライセンス

Basic ライセンスは無償のライセンスです。Basic ライセンスではローカルデータや高度な GIS の解析機能はサポートされませんが、以下のような機能を実現することができます。

  • ArcGIS Online もしくは ArcGIS for Server から公開された Web GIS サービスの表示・編集および解析
  • ローカル タイル パッケージ(ローカルに保存された背景用地図画像データ)の利用
  • GPS 位置情報の利用

Basic ライセンスは無償のライセンスであるため、Basic ライセンスを使用するアプリケーションを配布できる数に制限はありません。ただし、アプリケーションを配布する条件について、アプリケーションの配布に関する条件をご確認ください。

Standard
ライセンス

Standard ライセンスは Basic ライセンスで利用できるすべての機能に加えて以下のような機能を実現することができる有償のライセンスです。

  • ローカル データ(マップ/ロケータ/ジオプロセシング パッケージ)の表示・編集および解析
  • ジオデータベースの読み書き(ファイル/ワークグループ/エンタープライズ ジオデータベース)
  • ジオプロセシング パッケージ経由でのジオプロセシング ツールの実行
エクステンション
ライセンス

Standard ライセンスには以下の 3 種類のエクステンションライセンスを追加することによって、さらに高度なジオプロセシング ツールを実行できます。

  • Spatial Analyst(ラスタ ベースの空間モデリングおよび解析)
  • 3D Analyst(3 次元データの解析)
  • Network Analyst(道路交通網などのネットワークの解析)

バージョン 10.2.2 より Basic ライセンスを使用してアプリケーションを配布する場合、ライセンス コードを使用してアプリケーションを認証する必要がなくなりました。アプリケーションの配布に関する条件を満たしている限り開発したアプリケーションをそのまま配布することができます。

Standard ライセンスおよびエクステンションライセンスは有償のライセンスであり、ライセンスを購入した数を上限としてアプリケーションを配布することができます(ライセンスの数はアプリケーション開発者が管理します)。Standard ライセンスもしくはエクステンション ライセンスの購入を希望される場合は、ESRIジャパンまでお問い合わせください。また、アプリケーションを配布する条件について、アプリケーションの配布に関する条件をご確認ください。

アプリケーションの配布に関する条件

■ Basic ライセンスを使用して配布する場合

Basic ライセンスを使用するアプリケーションは、ArcGIS Online もしくは ArcGIS for Server のサービスを利用する必要があります。

非商用
アプリケーション

以下のいずれかの一般公開のアプリケーションの場合、Basic ライセンスを使用する非商用アプリケーション(アプリケーションの販売などによる直接的な収益もしくは広告の掲載などによる間接的な収益が発生しないアプリケーション)を無償で配布することができます。

  • 個人開発者様が非営利目的で公開する
  • NGO、NPO 法人様が非営利目的で公開する
  • 教育機関様が教育目的で公開する
商用
アプリケーション

以下のいずれかの条件を満たす場合、Basic ライセンスを使用する商用アプリケーションを配布/販売/業務利用することができます。

  • 商用アプリケーションが ArcGIS Online のサービスを利用するが、アプリケーションを実際に利用するユーザに、ユーザが保有する ArcGIS Online 指定ユーザによるログインを要求しない場合、アプリケーションを配布/販売/業務利用するには ArcGIS Online の有償プラン(組織向けプランもしくは開発者向け有償プラン)のライセンスが必要です。
  • 商用アプリケーションが ArcGIS Online のサービスを利用し、かつアプリケーションを実際に利用するユーザに、ユーザが保有する ArcGIS Online 指定ユーザによるログインを要求する場合、アプリケーションを配布/販売/業務利用するために追加の費用は発生しません。
  • 商用アプリケーションが、ArcGIS for Server のサービスを利用する場合、アプリケーションを配布/販売/業務利用するために追加の費用は発生しません。

■ Standard/エクステンション ライセンスを使用して配布する場合

非商用/商用
アプリケーション

配布するアプリケーションが非商用もしくは商用に関わらず、配布されるアプリケーションと配布先の端末(デバイス)の組み合わせごとに Standard ライセンスおよび(使用している場合は)エクステンション ライセンスがそれぞれ必要です。以下にいくつかの配布例を示します:

  • 1 台のコンピュータ(デバイス)に異なる 3 種類のアプリケーションを配布した場合、必要なライセンス数は 3 です(デバイス:1 × アプリケーション:3 = 3)
  • 3 台のコンピュータ(デバイス)それぞれに 1 種類のアプリケーションを配布した場合、必要なライセンス数は 3 です(デバイス:3 × アプリケーション:1 = 3)
  • 3 台のコンピュータ(デバイス)それぞれに異なる 2 種類のアプリケーションを配布した場合、必要なライセンス数は 6 です(デバイス:3 × アプリケーション:2 = 6)
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る