製品 > ArcGIS Runtime SDK for .NET > 動作環境 > ArcGIS Runtime SDK 100.5.0 for .NET 動作環境

ArcGIS Runtime SDK for .NET

ArcGIS Runtime SDK 100.5.0 for .NET 動作環境

開発要件

オペレーティング システム

サポート OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1  
  • Windows 7 SP1

.NET Framework

  • Microsoft .NET Framework 4.6.1 が最小バージョン、最新バージョンを推奨

開発環境

  • Visual Studio 2019( [.NETデスクトップ開発] ワークロード のインストール)
  • Visual Studio 2017( [.NETデスクトップ開発] ワークロード のインストール)

DirectX

ArcGIS Runtime SDK for .NET は 高パフォーマンスなマップ レンダリングを実現するために DirectX を使用します。

  • Direct3D 機能レベル 9_3 以上
  • DirectX 11 ハードウェア レンダリング(デフォルト)
  • DirectX 11 ソフトウェア レンダリング(ハードウェア レンダリングが使用できない場合は、ソフトウェア レンダリングにフォールバックします)

実行環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1
  • Windows Server 2019 (64ビット)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012

その他アプリケーションの配置に必要な物

サポートする仮想環境

オンプレミスの仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI)

製品 ハイパーバイザ 内容
VMware Horizon View 6.0 VMware vSphere 6.5 最新の VMware 及び NVIDIA ドライバをご使用して下さい。 最新のドライバのバージョンについては、VMware 及び NVIDIA GRID の Web サイトをご参照下さい。
VMware Horizon View 7.0 VMware vSphere 6.5
VMware Horizon View 7.6 VMware vSphere 6.7
Citrix XenDesktop 7.17 VMware vSphere 6.5
Citrix XenDesktop 7.18 VMware vSphere 6.7
  • 仮想環境のサポートは、WPF アプリケーションのみサポートされています。

ローカル サーバーと ArcGIS Desktop のバージョン互換

ArcGIS Runtime
SDK for .NET
ArcGIS Runtime
Local Server SDK
ArcMap ArcGIS Pro
100.5.0 100.5.0 10.7 2.3

※ ArcMap 10.7 は7月末から国内サポート開始予定

  • ArcMap/ArcGIS Pro は、ローカル サーバーで使用するジオプロセシング パッケージ、マップ パッケージを作成するために必要です。ArcGIS Runtime、及び ローカル サーバーのバージョンに応じて ArcMap/ArcGIS Pro の各バージョンをご利用下さい。
  • ローカル サーバーで実行するジオプロセシング パッケージ作成について留意事項がございます。内容は ESRIジャパンのサポート サイトをご覧ください。(要ログイン)

既知の不具合に関する注意事項

既知の不具合について、各詳細は ESRIジャパンのサポート サイトをご覧ください(要ログイン)。

WPF アプリケーション

ローカル サーバー

開発要件

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
Windows 10 バージョン 1709(OS ビルド 16299):最新バージョンを推奨

開発環境

  • Visual Studio 2019( [ユニバーサルWIndowsプラットフォーム開発] ワークロードのインストール)
  • Visual Studio 2017(15.4 が最小バージョン、[ユニバーサルWIndowsプラットフォーム開発] ワークロードのインストール)

DirectX

ArcGIS Runtime SDK for .NET は 高パフォーマンスなマップ レンダリングを実現するために DirectX を使用します。

  • Direct3D 機能レベル 9_3 以上
  • DirectX 11 ハードウェア レンダリング(デフォルト)
  • DirectX 11 ソフトウェア レンダリング(ハードウェア レンダリングが使用できない場合は、ソフトウェア レンダリングにフォールバックします)

実行環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
Windows 10 バージョン 1709(最小バージョン):最新バージョンを推奨

その他アプリケーションの配置に必要な物

開発要件(Windows)

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1(Android および iOS のみ)

開発環境

  • Visual Studio 2019( [.NET によるモバイル開発] ワークロード のインストール)
  • Visual Studio 2017( [.NET によるモバイル開発] ワークロード のインストール)
  • Microsoft .NET Framework 4.7.1(Xamarin.Forms 3.0.0)
  • Xamarin Forms 3.0(安定バージョンを推奨)

開発要件(Mac)

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
macOS High Sierra (10.13) (最小バージョン)

開発環境

  • Visual Studio 2019 for Mac
  • Visual Studio 2017 for Mac
  • Xamarin Forms 3.0(安定バージョンを推奨)

サポートするエミュレータ/シミュレータ

Android
  • Google Android Emulator
  • Genymotion
iOS
  • iOS シミュレータ

実行環境

サポートするオペレーティング システム

Android

Android バージョン 4.4 Kitkat (API レベル19)  (最小バージョン)

※ 最新バージョンを推奨

  • 2D (MapView) : OpenGL ES 2.0
  • 3D (SceneView) : OpenGL ES 3.0
iOS

iOS 10.0(最小バージョン)

※ 最新バージョンを推奨

Windows

Windows 10 バージョン 1709 (OS ビルド 16299) (最小バージョン)

※ 最新バージョンを推奨

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る