製品 > ArcGIS Runtime SDK for .NET > 動作環境 > ArcGIS Runtime SDK 100.0 for .NET 動作環境

ArcGIS Runtime SDK for .NET

ArcGIS Runtime SDK 100.0 for .NET 動作環境

開発環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS 最小
バージョン
最大
バージョン
Windows 10    
Windows 8.1    
Windows 7   SP1

ソフトウェア要件

サポート開発環境 SDK の要件
  • Visual Studio 2015(all editions)
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop
  • Visual Studio 2013 Update 5(all editions)
  • Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop Update 5
  • Visual Studio 2012 Update 5(all editions)
  • Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop Update 5

Microsoft .NET Framework 4.5.2(最小バージョン)

DirectX

ArcGIS Runtime SDK for .NET は 高パフォーマンスなマップ レンダリングを実現するために DirectX を使用します。

  • Direct3D 機能レベル 9_3
  • DirectX 11 ハードウェア レンダリング

実行環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS 最小バージョン 最大バージョン
Windows 10(バージョン 1511 を推奨)    
Windows 8.1    
Windows 7   SP1
Windows Server 2012 R2 Standard, Datacenter    
Windows Server 2012 Standard, Datacenter    

その他インストールに必要な物

ローカル サーバーと ArcGIS Desktop のバージョン互換

ArcGIS Runtime、ローカル サーバー ArcGIS Desktop
100.0.0 10.4.1 + パッチ
  • ArcGIS Desktop は、ローカル サーバーで使用するジオプロセシング パッケージ、マップ パッケージを作成するために必要です。
  • ArcGIS Runtime、及び ローカル サーバーのバージョンに応じて ArcGIS Desktop の各バージョンをご利用下さい。
  • ローカル サーバーの不具合を修正するパッチです。必要に応じてインストールしてください。

    ArcGIS Runtime Local Geoprocessing Service Startup Patch

開発環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS 最小バージョン 最大バージョン
Windows 10(バージョン 1511 を推奨)    

* 開発可能なアプリケーションは、Windows 10 用 UWP アプリのみです。

ソフトウェア要件

サポート開発環境 SDK の要件
  • Visual Studio 2015(all editions)(Update 2 を推奨)
  • Visual Studio Express 2015 for Windows 10(Update 2 を推奨)

なし

DirectX

ArcGIS Runtime SDK for .NET は 高パフォーマンスなマップ レンダリングを実現するために DirectX を使用します。

  • Direct3D 機能レベル 9_3
  • DirectX 11 ハードウェア レンダリング(既定)
  • DirectX 11 ソフトウェア レンダリング(ハードウェア レンダリングが使用できない場合は、ソフトウェア レンダリングにフォールバックします)

実行環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS 最小バージョン 最大バージョン
Windows 10(バージョン 1511 を推奨)    
Windows 10 Mobile    
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る