製品 > ArcGIS Runtime SDK for .NET > 動作環境 > ArcGIS Runtime SDK 100.0 for .NET 動作環境

ArcGIS Runtime SDK for .NET

ArcGIS Runtime SDK 100.0 for .NET 動作環境

開発要件

オペレーティング システム

サポート OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1  
  • Windows 7 SP1

.NET Framework

  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 が最小バージョン、最新バージョンを推奨

開発環境

  • Visual Studio 2015(all editions)
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop
  • Visual Studio 2013 Update 5(all editions)
  • Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop Update 5
  • Visual Studio 2012 Update 5(all editions)
  • Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop Update 5

DirectX

ArcGIS Runtime SDK for .NET は 高パフォーマンスなマップ レンダリングを実現するために DirectX を使用します。

実行環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
  • Windows 10(バージョン 1511 を推奨)
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1
  • Windows Server 2012 R2 Standard, Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard, Datacenter

その他アプリケーションの配置に必要な物

ローカル サーバーと ArcGIS Desktop のバージョン互換

ArcGIS Runtime、ローカル サーバー ArcGIS Desktop
100.0.0 10.4.1 + パッチ
  • ArcGIS Desktop は、ローカル サーバーで使用するジオプロセシング パッケージ、マップ パッケージを作成するために必要です。
  • ArcGIS Runtime、及び ローカル サーバーのバージョンに応じて ArcGIS Desktop の各バージョンをご利用下さい。
  • ローカル サーバーの不具合を修正するパッチです。必要に応じてインストールしてください。
    ArcGIS Runtime Local Geoprocessing Service Startup Patch

開発要件

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
Windows 10(バージョン 1511 を推奨)

* 開発可能なアプリケーションは、Windows 10 用 UWP アプリのみです。

* Windows 10 SDK は、Windows 10 オペレーティングシステムで最適に機能します。最新バージョンを推奨

開発環境

  • Visual Studio 2015(all editions)(Update 2 を推奨)
  • Visual Studio Express 2015 for Windows 10(Update 2 を推奨)

DirectX

ArcGIS Runtime SDK for .NET は 高パフォーマンスなマップ レンダリングを実現するために DirectX を使用します。

  • Direct3D 機能レベル 9_1 以上
  • DirectX 11 ハードウェア レンダリング(既定)
  • DirectX 11 ソフトウェア レンダリング(ハードウェア レンダリングが使用できない場合は、ソフトウェア レンダリングにフォールバックします)

実行環境

サポートするオペレーティング システム

サポート OS
  • Windows 10 (バージョン 1511 を推奨)
  • Windows 10 Mobile 

その他インストールに必要な物

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る