製品 > ArcGIS Runtime SDK for .NET > 製品詳細 > オフライン アプリ > 実現パターン

ArcGIS Runtime SDK for .NET

実現パターン

各機能の横に表示されているlitebasicstandard は、その機能を利用するために必要な ArcGIS Runtime SDK のライセンスを示しています。


desktop_pattern_banner

ArcGIS のデスクトップ製品 ArcGIS Desktop を利用して地図データや住所検索・ルート検索のもととなるデータなどを作成します。作成したデータを端末にコピーして使用する読み取り専用のパターンです。

Desktop_img

頻繁に入れ替える必要がない読み取り専用データ、例えば背景地図や不変的な主題図、住所データなどを使って実現する場合に最適なパターンです。またオンライン環境が一切不要なため、インターネットの回線契約も不要です。

端末に保存するデータは複製して何台でも保存することができます。

利用できる機能およびデータ


Service_pattern_banner

ArcGIS のサーバー製品 ArcGIS Enterprise やクラウド製品 ArcGIS Online あるいは Portal for ArcGIS で公開した Web 上の地図サービス(マスター データ)から必要なときに必要な範囲の地図をダウンロードして使用する編集も可能なパターンです。

Service_img

調査員や調査地点が非常に多い場合や地図の更新頻度が高い場合、デスクトップ連携パターンのように管理者が個々の地図データを作成し、その都度各調査員へ配布、保存してもらうのは、運用として現実的ではありません。サービス連携パターンでは調査員が各々の必要な範囲を必要なときに選択して地図をダウンロードできるので、組織全体の作業効率がアップします。その他にもオンライン環境に復帰すればオフライン環境で編集したデータを各々が地図サービスへ同期できるなど、オフラインでも複数ユーザーで同じデータを編集できることも特長のひとつです。
さらに ArcGIS Online ベースマップをオフライン地図としてダウンロードできるのもサービス連携パターンの大きな魅力です。(独自に背景地図を用意していただく必要がございません。)

利用できる機能およびデータ

  • 主題図編集basic
    • フィーチャ サービス


local_pattern_banner

シェープファイルや GeoPackage など、対応しているお持ちのデータを端末にコピーし使用するパターンです。
local_img

既に対応データをお持ちの場合、端末に保存するだけで、そのデータを直接読み込んで地図を表示することができるため、新たに専用のデータを作成する手間が省けます。

利用できる機能およびデータ

 

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る