製品 > ArcGIS Platform > FAQ

ArcGIS Platform

FAQ

表示/非表示

全般

ArcGIS Platform と ArcGIS Developer Subscription の違いは何ですか?

ArcGIS Platform は、ロケーションサービスを提供する PaaS(Platform as a Service)です。
ArcGIS のロケーションサービスを API/SDK を使用してアプリやビジネス システムに組み込んで利用できます。
ロケーションサービスの使用量に応じた従量課金制プランが用意されています。
ArcGIS Developer Subscription は、デスクトップやサーバー製品等の ArcGIS 製品を使用したアプリケーションの開発・評価を目的としたサブスクリプションプログラムです。利用可能な ArcGIS 製品に応じて複数のプランが用意されています。

ライセンス

API キーを使用してプライベートデータにアクセスすることはできますか?

プライベートデータを ArcGIS Platform でホストし、独自のソリューションで使用できます。この機能は現在ベータ版として提供されています。この機能を商用リリースすることはできませんが、開発・テストすることはできます。プライベートデータ機能が正式にリリースされた際は、トランザクションベースの価格モデルが適用されます。
ArcGIS Platform でホストされるプライベートデータは、ソリューションに価値を付加するために使用する必要があり、特定の顧客向けのサービスとしてデータをホストするために使用することはできません。また、データを販売するメカニズムとして使用することもできません。

マップから Esri の帰属を削除できますか?

ArcGIS ロケーションサービスのリソースを使用している場合は削除できません。Esri のロケーションサービスを使用する場合は、すべてのロゴおよびその他の帰属をマップ上に保持する必要があります。ArcGIS Developer 開発リソース集の「帰属」ページを参照してください。

アプリに Esri 帰属を表示する必要がありますか?

アプリで ArcGIS のロケーションサービス、または、Esri の API テクノロジーを使用する場合、アプリに Esri 帰属も含める必要があります。ArcGIS Developer 開発リソース集の「帰属」ページを参照してください。

機能

API キーの使用状況を確認することは可能ですか?

ArcGIS Developer のダッシュボードの [API Keys] タブで、特定の API キーを選択し [View Usage] をクリックして、現在の利用状況を確認できます。

ArcGIS ロケーションサービスの稼働状態を確認することは可能ですか?

status.arcgis.com サイトで ArcGIS ロケーションサービスのステータスを確認することができます。

ジオコーディングの「保存する」と「保存しない」の違いは何ですか?

ジオコーディング(保存する)とジオコーディング(保存しない)では価格は異なります。ジオコーディングの結果を地図上に表示するだけの場合、またはアプリで結果を使用してすぐに破棄する場合、これらのジオコーディングの結果は保存されていないと見なされます。ただし、結果を保存する場合、たとえば、データベースまたはファイルにデータを永続化する場合は保存されていると見なされます。

価格

一部のロケーションサービスに含まれているトランザクションの無料利用枠を超えるとどうなりますか?

開発者サブスクリプションの従量課金(pay as you go プラン)が有効でない場合、無料枠を超えたサービスは、次の月次期間の開始まで無効になります。サービスにアクセスできるようにするには、ArcGIS Developer のダッシュボードにサインインし、従量課金オプションを有効にします。

毎月のサブスクリプションの請求はいつですか?

開発者アカウントごとに毎月同じ日に請求されます。請求日は、開発者アカウントを作成した日に基づきます。

テクニカルサポートが含まれていますか?

開発者サポートとして、各 API/SDK の使用方法に関する Q&A サービスを、インシデント契約(10 インシデント単位)に基づいて有償でご提供します。
開発者サポートのご購入には、別途 ArcGIS Developer Subscription の Builder プラン以上、もしくはその他の Esri 製品の保守有効ライセンスが必要となります。
開発者サポートの購入をご検討の場合は、お問い合わせください。

アカウント

非アクティブな開発者アカウントが削除された場合はどうなりますか?

非アクティブな開発者アカウントが削除されると、すべてのコンテンツが ArcGIS Platform から削除され、復元できなくなります。

非アクティブな開発者アカウントがある場合、どのように通知されますか?

削除の影響を受ける場合、開発者アカウントに登録されているメールアドレスにメールで通知が送られます。

開発者アカウントが非アクティブであるかどうかはどのように判断されますか?

Esri は、過去24か月間の Esri サイトへのサインインとサービス トランザクションを調査して、非アクティブな開発者アカウントを決定します。過去24か月以内に Esri サイトにサインインした場合、またはサービストランザクションを消費した場合は、開発者アカウントはアクティブと見なされます。

Github や Google などの別の ID プロバイダーで開発者アカウントにサインアップするときに、メールアドレスを提供する必要がありますか?

はい。アカウントに関する重要な情報を伝えるにために有効なメールアドレスが必要です。サインアップしている ID プロバイダーから Esri に電子メールが提供されない場合は、サインアップ後に提供する必要があります。

ArcGIS Developers のダッシュボードに 5 ドルの PreviousFreeTier バウチャーが表示されるのはなぜですか?

2021 年 1 月 27 日より前に ArcGIS Developer Subscription にサインアップした場合、ロケーションサービスを使用した開発とテストの費用を補うために、50 クレジット/月が提供されていました。
5 ドルのバウチャーは、サービスクレジットの価格設定から新しい ArcGIS Platform の価格設定モデルへの移行を支援するための以前の 50 クレジットに相当します。
バウチャーは、2021 年 1 月 27 日より前に各アカウントが受け取った無料利用枠を表しており、2022 年 4 月 30 日まで毎月発行されます。

他の ArcGIS ロケーション サービスを使用している場合、ArcGIS Platform のロケーション サービスに更新する必要がありますか?

ArcGIS 開発者

ArcGIS Developer アカウントをお持ちで、ArcGIS Platform ロケーション サービス以外の ArcGIS Online サービスを使用するアプリケーション、またはソリューションを開発されている場合、以下のスケジュール内にアプリケーションを ArcGIS Platform ロケーション サービスに更新する必要があります。多くの場合、2022 年 4 月 30 日までとなります。

ただし、ロケーション サービスにアクセスするための認証メカニズムとして、ユーザーが ArcGIS Identity でサインインする必要があるアプリケーションやソリューションを構築している場合、それらのアプリケーションは以下のスケジュールの対象外であり、変更の必要はありません。

ArcGIS Online 開発者

ArcGIS Online アカウント、または ArcGIS Enterprise アカウントをお持ちで、ArcGIS Platform ロケーション サービス以外の ArcGIS Online サービスを使用するアプリケーションまたはソリューションを開発された場合、以下のスケジュールは適用されません。

※ ArcGIS API の最新バージョンでは、ArcGIS Platform ロケーション サービスのエンドポイントが使用されます。

ArcGIS Platform ロケーション サービスへの移行スケジュール

ArcGIS API for JavaScript

  • バージョン4.x:2022 年 4 月 30 日
  • バージョン3.x:2022 年 12 月 31 日

ArcGIS Runtime SDK

  • すべてのバージョン:2022 年 4 月 30 日

REST やオープンソースの API など

以下は 2022 年 4 月 30 日までに移行しなければなりません。

  • Esri Leaflet
  • ArcGIS REST JS
  • サポートされているサードパーティのオープンソース マッピング ライブラリ
  • REST エンドポイントを直接利用するアプリケーション

詳細情報

詳細については、「ArcGIS Platform ロケーション サービスに必要な更新」を参照してください。