製品 > ArcGIS Online > 活用事例

ArcGIS Online

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

相模湖・嵐山の森での定例活動集合写真

短期間で森林整備状況のデータ化と活動内容の公開を実現

麻布大学

森林整備状況・植生調査結果のデータ化にArcGISを活用。活動内容はArcGIS Onlineのストーリーマップで簡単Web掲載。

顧客の流れを可視化しショッピングモール内店舗スペースの賃料を決定

米国 大型ショッピングモール

大型ショッピングモール内の人の流れに応じて賃料を定義するソリューション。

電力システムの稼働状況・作業員の分布をリアルタイムに見える化を実現

米国 電力メンテナンス会社

約7万顧客に電力を供給する同社は、電力システムの稼働状況、作業員の分布、利用者への影響といった情報を見える化するプロセスを自動化し、役員や管理職が状況を包括的に把握できるシステムを取り入れた。

Landsat 8 画像がオンラインで利用可能に

米国 Esri社

画像データのダウンロードが不要でより使いやすく Landsat プログラムは、NASA(アメリカ航空宇宙局)とUSGS(アメリカ地質調査所)が行っている一連の地球観測活動で、1972 年に最初の衛星が打ち上げられてから (詳細はこちら)

市民協働による松枯れ被害対策としてスマートフォンを利用した仕組みを構築

糸島市

糸島市は、九州大学と連携し、ArcGIS Onlineを活用した住民から枯れ松の位置情報と写真の提供を受け付ける『枯れ松通報システム』を構築し、スマートフォンを利用した住民からの情報の受付に係る実証実験を行いました。スマートフォンの位置情報を利用し、枯れ松のほぼ正確な位置を把握することができ、また、国や自治体が管理する松林以外の松枯れの把握が可能になりました。

地域のマーケット特性を活かした製品訴求

地域のマーケット特性を活かした製品訴求

地域のマーケット特性を分析 消費者と接点のある製品を企画・製造する企業にとって、想定ターゲット層のニーズに即した製品をいかに適切なマーケットに供給することができるかがマーケティング上の大きなテーマです。この際に、対象マー(詳細はこちら)

「地図のまち(都)北九州!」を目指して

北九州市

3市2町の共同利用GISを稼働させた北九州市による、 庁内の業務効率化・高度化と自治体間の連携強化に向けた取り組み 課題 個別GISアプリの限界 民間企業に依存した技術支援 行政界で区切られたマップ 導入効果      (詳細はこちら)

サプライチェーンの最適化とリスク管理

サプライチェーンの最適化とリスク管理

サプライチェーンの現状把握と最適化 災害発生時のサプライチェーン寸断リスク、グローバル調達によるいっそうの原価低減、さらにはグローバル連結経営管理の実現など、サプライチェーン全体を俯瞰して把握する重要性が高まりつつありま(詳細はこちら)

クラウド GISを活用してポップコーン販売を展開

Skye Perry

はじめてのビジネス!位置情報を味方にせよ!! 課題 ポップコーン販売と顧客訪問状況のデータ化を効率的に行いたい データ化された情報をリアルタイムに閲覧・管理したい 成果 訪問先で収集したデータを直接モバイル端末に入力し、(詳細はこちら)

意思決定プロセスのスピード化のカギは地理空間情報の共有化

バリックゴールド社

情報共有、意思決定の迅速化、特定地域のリスク分析をArcGIS Onlineで実現 課題 ArcGIS for Desktopライセンスがなくても、空間データを共有したい 意思決定プロセスのスピード化を図りたい 導入効果(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る