製品 > ArcGIS Online > 活用事例

ArcGIS Online

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

企業における災害シミュレーション

ビジネス継続のためのプランニング 我が国においてビジネスを継続させるためには、災害リスクに対して事前に対策を練っておくことが不可欠です。GISを活用して自社が有する位置情報と災害シミュレーションデータとを重ねることで、ど(詳細はこちら)

地球観測衛星の観測機会を把握する

地球観測衛星の観測計画 近年の宇宙利用の活発化の流れにおいて地球観測衛星が取得する画像情報は、広域を俯瞰できる重要な役割を担っています。地球観測衛星は衛星ごとに設計された軌道を進行し、搭載されたセンサーによって地球を観測(詳細はこちら)

危機管理でのストーリー マップの活用

想定される危機・災害リスクを地理的に把握する 危機管理対策は、国・自治体・企業などのあらゆる組織が持続的に活動するために必要不可欠な課題です。組織は、想定されるリスクの把握とそれに対する行動をシナリオとして事前に計画して(詳細はこちら)

時系列表現を使用して人口推移を公開

国勢調査では 5 年に一度、人口や世帯などの統計情報の調査が行われています。自治体では住民サービスとして、この統計情報を住民に伝える場合があります。その際には数値で公開するのが一般的ですが、地図上に可視化することでより分(詳細はこちら)

自社設備を可視化し、最適な設備管理と投資計画を支援

設備管理の効率化とコスト削減 Excel や CAD などを駆使して膨大な人的リソースやコストを投資して管理している通信網や基地局、データセンターなど様々な自社設備を GIS を活用すれば直感的に把握でき、且つ効率的に管(詳細はこちら)

地域に根差した地域創生のための人材育成/研究推進

北海学園大学

地域に根差した地域課題の解決に資する人材を育成することを課題としている北海学園大学では、学部の垣根を越えて履修できる「地理情報システム論」が新設され、講義の中でGISの実習を行うことで、学生のGIS技術/研究技能の取得機会の拡大することができた。

クラウド型GISで素早く・簡単に地域特性を可視化

地図とデータを活用して、新たなビジネス機会を創出 勘や経験に基づくプロモーション活動や闇雲な顧客訪問では、効率が悪く人・モノ・金の無駄になってしまいます。どこに潜在需要があるのか、どのようなプロモーションをすれば顧客獲得(詳細はこちら)

ガス自由化を勝ち抜くためのエリア戦略

顧客獲得競争が激化するガス自由化 新規顧客の獲得、あるいは既存顧客を守るための企画・施策立案ためには、地図や位置情報を活用することが有効な手段となります。顧客や地域の情報を地図や位置情報を用いて分析・視覚化することにより(詳細はこちら)

顧客の見える化による適切な営業活動

地域に根ざしたガス会社を目指すために 顧客と接点を持ち、地域に根ざしたガス会社を目指すためには、自社顧客を見える化し、顧客特性を把握することが重要な手段の 1 つと考えられます。 また、ガス・電力の自由化による競合参入、(詳細はこちら)

自動検針機器の設置促進

自動検針機器設置状況の把握 Excel ベースの情報管理では、「どのエリア」に自動検針機器が「多い」のか「少ない」のか、「設置促進注力エリア」はどこなのかを適切に把握することができません。顧客情報と地図を活用することによ(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る