製品 > ArcGIS Insights > 新着情報

ArcGIS Insights

新着情報

新着

2022年3月10日:ArcGIS Insights 2022.1 にバージョン アップ!

参照テーブルへの「条件付き書式」「スパークライン」機能の追加やリンク チャート・リンク マップの「中心性テーブル」の表示をはじめとするさまざまな機能強化が行われました。

参照テーブル: 条件付き書式、テーブルと列の書式設定

セルの値に応じて表示の変更やデータ バーの表示を行うことができます。


参照テーブル: スパークライン

ロー データを表示できる「参照テーブル」に、列同士の値の比較や推移を表示できるスパークライン機能が追加されました。

スパークラインは以下の 3 種類が利用可能です。

  • ライン
  • カラム
  • 勝敗

スパークライン

位置の有効化: ArcGIS Living Atlas の標準境界データをウィンドウ上で利用可能に

位置の有効化は、種類をタブで切り替えるようになり、 標準境界を利用する場合、 ワークブックに境界用のデータを追加せずとも位置の有効化ができるようになりました。 日本の標準境界は、「japan」で検索する必要があります。 一致する区画レベルは国 (JPN_Country)、都道府県(JPN_Prefecture)、市区町村(JPN_Municipality)、町丁目 (JPN_ChoChoMoku) から選択することができます。


リンク チャート・リンク マップ: 中心性テーブルの表示と中心性の重み付け

中心性の値を、参照テーブルとして表示する機能が追加されました。

また、中心性に対して重み付けを利用できるようになりました。 近接、媒介、および 固有ベクトルの中心性に、重み付けを適用できます。


ワークブック バナー: 画像を利用可能に

バナーは、ArcGIS Insights で作業しているアナリストや、共有ページまたはワークブックとしてレポートを読む閲覧者に表示されます。今回の更新では、このバナーに画像を使用できるようになりました。バナー画像は、バナーに使用される画像の部分の位置を変更したり、イメージの配置を変更したり(左揃えや水平塗りつぶしなど) することが可能です。

ワークブック バナー

ほかにも、時系列フィルターへのスライダー機能の追加、ページ オプションでは、ページ上のすべてのカードの背景と枠線を更新する設定や、ブック内のすべてのページに設定を適用する機能などの追加が行われています。

このほかの新機能は、ヘルプをご覧ください。

これまでの What’s New

ArcGISInsights 2021.3

新しいテーブル カード「参照テーブル」や新しい定義済みフィルター「時系列フィルター」をはじめとしたレポート機能が強化されました。

参照テーブルの追加

従来から存在するサマリー テーブル(集計結果を表示するテーブル カード)に加え、新たにロー データを表示できる「参照テーブル」が追加されました。他のカードやウィジェットと連携しながら詳細なデータを確認できます。

また、参照テーブルは以下のような設定が可能です。

  • テキストの折り返し / オーバーフローの設定
  • テキストの左・中央・右揃えの設定
  • 列の固定
  • データ バーの表示
  • テーブルのヘッダーと行の色、フォント色の変更


時系列フィルターの追加

日付・時間・日付と時間でフィルタリングできるウィジェットが追加されました。


データ ソースの確認

解析ビューでは、データセットのソースを表示できるようになりました。これは、共有ページには含まれていません。


バナーとロゴのカスタマイズ

Insights の青いバナーとアイコンを自由に設定し、ブランディングすることができるようになりました。


チャートを高画質画像に出力

以下のチャート カードで、カードの裏面から画像をエクスポートできるようになりました。エクスポートされた画像は、カードと同じサイズになり、同じカード スタイルを使用します。

  • バー チャート
  • 積み上げチャート
  • カラム チャート
  • 積み上げカラム チャート
  • 折れ線グラフ
  • 時系列グラフ
  • コンボ チャート

画像のエクスポート

ArcGISInsights 2021.2

ISNULL() と ISNOTNULL() 関数をフィールド演算と高度なフィルターで利用できます。
また、散布図においてビンを使用したデータ表示ができるようになりました。

データウェアハウス・クラウド データベース・カスタム JDBC データコネクタ接続で空間データをサポート

Snowflake、BigQueryの接続において、空間データのサポートが追加されました。これにより、データを Insights に抽出することなく、データストアの空間データを直接利用することができるようになり、加えてクエリなどの操作をデータストア上で実行できるため、クラウドデータ ウェアハウスのパフォーマンスなどのメリットを得ることができます。現在 Snowflake と BigQuery では下記の空間機能をご利用いただけます。

また、新たに次のデータベース バージョンが完全にサポートされるようになりました。

  • PostgreSQL 13
  • SAP HANA 2.0 SPS05
  • SAP HANA Cloud

詳細は、ArcGIS Insights がサポートしているデータベース一覧をご覧ください。

さらに、カスタム JDBC データ コネクタ (プレビュー) においても空間ワークフローをサポートしました。

以下の動画は Insights 内でデータベース接続とデータウェアハウス接続を作成する方法の概要です。


散布図のビン シンボル

大規模なデータで、散布図上のポイントが重複するようなデータもビン シンボルを使用することでパターンを明らかにできます。


ISNULL()・ISNOTNULL() 関数の追加

ISNULL() と ISNOTNULL()関数をフィールド演算と高度なフィルターで利用できます。


スクリプト: Spark・Koalas DataFrame に対応

Insights スクリプト コンソールでは、Python ライブラリと R ライブラリにアクセスできます。Spark と Koalas は、ビッグデータの分散処理に一般的に使用される Python ライブラリです。


ArcGIS Insights 2021.1

移動平均などの時系列データを用いた解析機能やチャートの機能拡充をはじめ、
ArcGIS Enterprise 版では Google Big Query や Snowflake への接続が新たにサポートされました。

時系列データ: 解析機能 (移動平均・時間分解・予測) の追加と可視化の機能拡充

  • 時系列グラフのタイム スライダーで期間を変更した場合に、より詳細なレベルで描画されるようになりました。
  • 移動平均を計算し、時系列のトレンド ラインをチャートに表示することが可能になりました。
  • 時間分解では、時系列データを週、月、四半期、年単位で分解し、季節的傾向を分析することができます。 分析結果は、3つの時系列グラフが表示され、季節のトレンド、全体のトレンド、残差値を表現します。
  • 予測は、将来どのような値が発生する可能性が高いのかを、信頼区間の視覚化とともに予測します。

各カードから CSV をエクスポート

レポートの閲覧者側であってもデータをエクスポートすることが可能になりました。

  • レポートの閲覧者が選択やフィルタリングを行うと、データのサブセットが作成されます。カードの裏面から、データのサブセットを CSV ファイルにエクスポートすることができるようになりました。
  • レポートの作成者は、ページ共有の過程で、この機能を有効化/無効化できます。

Online 版: 共有ページのスケジュール更新

2021.1 で Online 版でも、解析結果のスケジュール更新が可能になりました。新しい状態のデータに基づく結果を共有ページで確認することができます。


Enterprise 版: Google Big Query と Snowflake をサポート

Snowflake と Google BigQuery への接続がデータベース接続に新たに追加されました。 Insights では大部分のデータ タイプをサポートしますが、これらのデータ接続では以下はサポートされていません。今後追加される予定です。

  • Geography データ タイプの利用
  • 位置の有効化

Enterprise 版: JDBC コネクター接続 (プレビュー)

サポートされているデータ コネクタ以外では、別途 JDBC ドライバーを使用して接続を作成することが可能になりました。


フィールド演算・高度なフィルターの機能拡張

演算子 IS NULL および IS NOT NULL が利用可能になり、MIN() および MAX() 関数では、日付/時間フィールドを入力値として使用できるようになりました。


チャートの機能拡張

バー チャートとカラム チャートを手動で並べ替えることができるようになりました。


ArcGIS Insights 2020.3

ジオメトリ演算が可能になったほか、マップ・チャートの機能拡充、リモート フィーチャ レイヤーの強化が行われました。

ジオメトリ演算

ポリゴン データの面積と周長、およびライン データの長さを計算できるようになりました。


マップの機能拡充

パイ チャートやカラム チャートのシンボルで、円のサイズやカラムの高さを数値/比率フィールドを元に設定することができるようになりました。例えば、下図では店舗の売上高の合計値でサイズを変えています。


チャートの機能拡充

散布図のシンボル サイズ・アウトラインの太さが調整可能になったほか、バー チャートなどで上位・下位 n フィルターを実行できるようになりました。


リモート フィーチャ レイヤーの強化

Living Atlas のような、自分が利用する ArcGIS Online 組織サイト外から配信されている「リモート フィーチャ レイヤー」に対し、クロス フィルターや高度なフィルターなどの機能が利用できるようになりました。
例えば下図のように、Living Atlas で配信されている「全国市区町村界データ」に対して、条件式を使用した高度なフィルターを設定してマッピングするレイヤーを絞り込むことができます。


新機能の詳細は、ヘルプをご覧ください。

ArcGIS Insights 2020.2

Microsoft SharePoint / OneDrive への接続や、3 つの解析ツールの追加、共有ページの自動更新をはじめとした新機能が多数追加されました。

Microsoft SharePoint / OneDrive への接続が可能に

Microsoft SharePoint と Microsoft OneDrive への接続が ArcGIS Online 版および Enterprise 版でサポートされるようになりました。


新たに解析ツールを 3 つ追加

空間解析ツールに、「空間的平均の検索」、「K 平均クラスターの検索」、「密度比の計算」が新しく追加されました。


チャートの機能強化

時系列チャートでタイム スライダーが利用可能になったほか、バー チャートやカラム チャートなどで値ラベルが利用可能になりました。


共有ページの自動更新

Enterprise 版において、共有ページの更新スケジュールを時間、日、週、月の単位で設定することで、自動更新が可能となりました。

ArcGIS Insights 2020.1

分析画面の見直しにより、操作性を改善し、ArcGIS のサービスで定義されるコード値ドメイン、サブタイプにも対応しました。

ArcGIS Insights 3.4

チャートの拡張や、データの型変換の拡張など、ユーザビリティが改善されました。

Insights for ArcGIS 3.3

新しくマップでのチャートシンボルの対応や、分析で利用するデータのインポートの種類の拡充およびデータのエクスポートの機能が実装されました!

Insights for ArcGIS 3.2

ホームページが刷新され、ワークブック、モデル、データセットへのアクセスや管理が大幅に改良されました! ArcGIS Enterprise 版では、ArcGIS Online 版同様の UI 刷新に加え、利用できるデータベースに Postgresql や PostGIS のサポートが新たに追加されました。

Insights for ArcGIS 3.1

数多くの機能改善に加え、データ テーブルのドッキング機能が追加されました

Insights for ArcGIS 3.0

ページやカードの書式設定やテキストカードなど大幅にページのカスタマイズ性が向上しました