製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

新プラント開発・建設におけるリスク軽減の取り組み

アイルランド 新エネルギー開発企業

世界8ヶ国で展開する67のプロジェクトをGISで管理。データの可視化、情報共有による業務効率化でGISへの投資額を2年以内に回収の見込み。

地理情報の活用で太陽光発電の電力買取申請業務の大幅短縮を実現

ドイツ 大手電力会社

太陽光発電の電力買取の配電線や変圧器の付加計算などの業務をWebベースのシステムに変更することで大幅に作業時間を短縮。業務プロセスの大幅な効率化を実現。

境界確認箇所・境界点管理システム

神奈川県茅ヶ崎市

境界確認箇所、境界確定図の数値化を行うことで窓口対応の効率化向上と職員による入力を可能とすることで運用コストの低減を実現したシステム 課題 膨大な関係図書をマイラーベースや紙で保管するには破損や焼失などのリスクがある 境(詳細はこちら)

心臓疾患患者

心臓発作や脳卒中のリスクは遺伝?それとも地域的な要因?

アメリカ疫病予防管理センター

アメリカ疫病予防管理センターは、地域的なリスク要因の分析から20万人の心血管疾患を予防できた可能性を示唆 課題 米国で男女ともに最も多い死亡原因の一つである心血管疾患の予防 医療制度、生活環境の改善が心血管疾患予防につな(詳細はこちら)

気象情報の見える化で保険金査定を正確に算出

米国保険事業団体PLRB

気象情報、過去の災害データ、エクスポ―ジャー情報を分析・比較することで戦略的意思決定を導く 課題 現在、過去、未来のリスクの可視化、比較、分析ができる総合的ツールの構築 損害調査のためのエクスポージャーの把握 成果 歴史(詳細はこちら)

Landsat 8 画像がオンラインで利用可能に

米国 Esri社

画像データのダウンロードが不要でより使いやすく Landsat プログラムは、NASA(アメリカ航空宇宙局)とUSGS(アメリカ地質調査所)が行っている一連の地球観測活動で、1972 年に最初の衛星が打ち上げられてから (詳細はこちら)

インターネットによる防災マップの提供

広島県

県民の生命と財産を守るため、広島県が取り組むWebGISの活用 課題 土砂災害を防ぐための砂防えん堤整備等の「ハード対策」には限界があり、「ソフト対策」による情報発信は必要となる。 導入効果 WebGISによる防災情報の(詳細はこちら)

一刻を争う火災現場にリアルタイムデータを配信

カリフォルニア州アラメダ郡

火災対応に必要な情報を一元管理し配信、共有 課題 火災対応に必要となる情報の共有化 導入効果 SitStat上で各対応部隊の位置、現場の周辺域について確認が可能に 意思決定の鍵となる情報を確実に現場の司令官に提供すること(詳細はこちら)

車両や機器の移動のモニタリング

移動体のリアルタイムのモニタリング

車両や機器、スタッフの現在地をリアルタイムに把握 車両や機器、さらにはスタッフの現在地を GPS 端末等を用いてリアルタイムに地図上に視覚化することは、位置情報の代表的な活用方法です。現在の位置をリアルタイムに把握するこ(詳細はこちら)

地震時の応急対応を支援するための広域版地震被害想定システムの開発

消防研究センター

災害発生直後の「被害情報の空白時間」を補間するために、 地震情報からすばやく被害規模を推定し、関係者に通知するシステムを開発 課題 災害発生直後の「被害情報の空白時間」が発生。適切な初期対応が困難だった 導入効果 オンラ(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る