製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

住民基本台帳データの更新を毎日GISに反映。庁内の様々な業務に活用

会津若松市

バス路線の見直しや、高齢者と民生児童委員の担当エリアのマッチング、空家の分析やオープンデータの活用による消火栓位置アプリの作成など、庁内での様々な業務にGISが活用されている。

激変する医療業界で必要な医療マーケティングとは

愛仁会

医療、介護、福祉のトータルヘルスケアをめざす医療法人愛仁会は、BIとGISの連携で迅速な意思決定を実現。スピード感が求められる現場でパッと見て判断できるマッピングの強さを実感。

除染作業データの一元管理と可視化により住民への迅速な情報提供を目指す

福島県川俣町

放射性物質の除染を実施する中で作成される種類・量ともに膨大になるデータを一元管理することで、除染作業の詳細把握や除染結果の集計、可視化を容易にした取り組み。

大規模都市ガス事業者におけるGISの先進的活用

大阪ガス

近畿地方の約700万戸に都市ガスを供給する大阪ガスは、設備管理・設計・工事・保安・災害対策など多岐にわたりGISを活用。データベースの集約によるコスト削減を実現。

バッテリー販売大手 GIS の利用で配送ルートの最適化とコスト削減を目指す

米国大手バッテリー販売会社

Interstate Batteries 社は、北米、南米、オーストラリアにある販売代理店を通じて自動車、バイク、船舶、スノーモービルなどに使うバッテリーを販売している。この程、Interstate Batteries (詳細はこちら)

新プラント開発・建設におけるリスク軽減の取り組み

アイルランド 新エネルギー開発企業

世界8ヶ国で展開する67のプロジェクトをGISで管理。データの可視化、情報共有による業務効率化でGISへの投資額を2年以内に回収の見込み。

地理情報の活用で太陽光発電の電力買取申請業務の大幅短縮を実現

ドイツ 大手電力会社

太陽光発電の電力買取の配電線や変圧器の付加計算などの業務をWebベースのシステムに変更することで大幅に作業時間を短縮。業務プロセスの大幅な効率化を実現。

境界確認箇所・境界点管理システム

神奈川県茅ヶ崎市

境界確認箇所、境界確定図の数値化を行うことで窓口対応の効率化向上と職員による入力を可能とすることで運用コストの低減を実現したシステム 課題 膨大な関係図書をマイラーベースや紙で保管するには破損や焼失などのリスクがある 境(詳細はこちら)

心臓疾患患者

心臓発作や脳卒中のリスクは遺伝?それとも地域的な要因?

アメリカ疫病予防管理センター

アメリカ疫病予防管理センターは、地域的なリスク要因の分析から20万人の心血管疾患を予防できた可能性を示唆 課題 米国で男女ともに最も多い死亡原因の一つである心血管疾患の予防 医療制度、生活環境の改善が心血管疾患予防につな(詳細はこちら)

気象情報の見える化で保険金査定を正確に算出

米国保険事業団体PLRB

気象情報、過去の災害データ、エクスポ―ジャー情報を分析・比較することで戦略的意思決定を導く 課題 現在、過去、未来のリスクの可視化、比較、分析ができる総合的ツールの構築 損害調査のためのエクスポージャーの把握 成果 歴史(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る