製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

安全な通行の実現に向けたWebGISでの道路維持管理業務の取組み

山口県 土木建築部

山口県土木建築部道路整備課は、道路の点検・パトロールなどの現場で収集した情報の管理・共有においてWebGISを活用し、日々の道路維持管理業務の効率化・高度化を実現した。

地図のポータルで統合管理と情報共有

複数の関係者や部門にまたがるプロジェクトの場合、煩雑になりがちなコンテンツの管理や共有をArcGISのポータルサイトで適切な単位で管理が行えます。ポータルサイトを構築すれば作成したコンテンツの共有と活用が促進し、意思決定を迅速化することができます。

エイムズ市でのバーコードを使った標識管理

バーコードと位置情報を利用して交通標識を効率的に管理

アイオワ州エイムズ市

米国アイオワ州エイムズ市の公共事業部は、市内に設置された9,500枚の交通標識の管理を担う。交通標識は、一つの標識柱に複数設置されていることが多く、各標識に関する保守履歴や点検記録といった資産情報の管理が難しいことが課題(詳細はこちら)

一元管理による高度な全庁的情報共有の仕組み

大阪府四條畷市

ArcGISをプラットフォームとしたシステム(固定資産・道路管理・都市計画・下水道管理など)の再構築を行い、各課で整備されたデータの相互流通が実現できた。またGISで業務の効率化も図れた。

ベトナム農村の住民の空間リテラシーの向上に向けて

鳥取大学・大阪市立大学・フエ大学・ダナン大学・ノンラム大学

ベトナム農村の住民によるコミュニティに関する課題の把握に必要な空間リテラシーの向上を目指し、メンタルマップGISというWebアプリケーションを開発した。そして地域コミュニティの情報を認識し共有するために、正確な地図の活用が必要であると理解してもらうことができた。

住民基本台帳データの更新を毎日GISに反映。庁内の様々な業務に活用

会津若松市

バス路線の見直しや、高齢者と民生児童委員の担当エリアのマッチング、空家の分析やオープンデータの活用による消火栓位置アプリの作成など、庁内での様々な業務にGISが活用されている。

激変する医療業界で必要な医療マーケティングとは

愛仁会

医療、介護、福祉のトータルヘルスケアをめざす医療法人愛仁会は、BIとGISの連携で迅速な意思決定を実現。スピード感が求められる現場でパッと見て判断できるマッピングの強さを実感。

除染作業データの一元管理と可視化により住民への迅速な情報提供を目指す

福島県川俣町

放射性物質の除染を実施する中で作成される種類・量ともに膨大になるデータを一元管理することで、除染作業の詳細把握や除染結果の集計、可視化を容易にした取り組み。

大規模都市ガス事業者におけるGISの先進的活用

大阪ガス

近畿地方の約700万戸に都市ガスを供給する大阪ガスは、設備管理・設計・工事・保安・災害対策など多岐にわたりGISを活用。データベースの集約によるコスト削減を実現。

バッテリー販売大手 GIS の利用で配送ルートの最適化とコスト削減を目指す

米国大手バッテリー販売会社

Interstate Batteries 社は、北米、南米、オーストラリアにある販売代理店を通じて自動車、バイク、船舶、スノーモービルなどに使うバッテリーを販売している。この程、Interstate Batteries (詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る