製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ICT を活用した情報共有による安全安心なまちづくり

千葉県 酒々井町

千葉県酒々井町はArcGIS自治体ライセンスを使い、コストを抑えながら住民サービスの向上を図るための取り組みとして、住民と行政の情報共有庁内プラットフォームを構築し、住む人・来る人へ酒々井町の情報を効果的に発信する「しすいマップ」を公開した。

「環境基礎情報データベース」で再生可能エネルギーの促進と環境保全の両立を目指す

環境省

地域環境に配慮した再生可能エネルギー導入促進へ向け、風力・地熱発電所の立地選定や環境アセスメントにおいて必要となる自然環境・社会環境に関する情報や、風力発電等に関する技術情報を集約・一元管理し、公開する「環境基礎情報データベース」をWebGISシステムで構築した。

ボストンマラソン安全対策の要はリアルタイムデータと地図による情報共有

マサチューセッツ危機管理局

ランナー、気象、緊急車両などの位置情報をリアルタイムに可視化 ArcGIS プラットフォームの特徴 ランナー、緊急車両、気象などのリアルタイムデータを、クラウド上に作成したダッシュボードに表示し関係者間で共有 タブレット(詳細はこちら)

ArcGIS Onlineを利用した行政情報の配信による市民サービスの向上と市の魅力発信を目指して

千葉県 船橋市

2000年からGISを利用し始め、現在ではほとんどの部署でGISを利用できる環境が整っている船橋市では、庁内で一元管理されているGISデータを組み合わせて、防災情報をはじめとした市民向けのWebマップアプリケーションを公開している。

地図を活用した送配電設備の維持・管理

送配電の維持・管理 発電施設・変電所・各種ケーブル・電柱など送配電に関連する電力設備を地図を活用して、維持・管理することができます。どのような形態でどのケーブルが敷設されているのか、どこまで定期点検が済んでいるのかなど、(詳細はこちら)

FedExのGIS配送情報追跡オペレーション

米国 FedEx

FedExがGISを使う理由は、期日を守った配送を行うためです。FedExの配送オペレーションの裏側について、FedEx®のテクノロジー戦略担当者 Adam Mollenkopf (アダム・モレンコフ)氏は次のように語っ(詳細はこちら)

GISで最適なルート計画と輸送車の移動距離の短縮が可能に

ドイツ DHL

DHLは、35年以上にわたり国際輸送物流業における革新的なリーダーであり続けています。同社は現在、郵政民営化により発足したドイツポスト社の傘下にあります。ドイツポストは2003年に米国第3位の急送便企業であるAirbor(詳細はこちら)

業務支援GISの一元管理でシステム・業務・データの最適化とコストの削減

千葉県 市原市

千葉県市原市は、これまで業務ごとにGISを個別導入し運用していたが、段階的にArcGISをベースにしたアジア航測社製のパッケージシステムALANDIS NEOへの統合を進め、情報共有の仕組みやコスト縮減効果がもたらされた。

統合災害情報システム(DiMAPS) 地震や風水害などの災害情報を集約

国土交通省・国土地理院

国土交通省は、いち早く現場から災害情報を集約して地図上に分かりやすく表示することが出来る「統合災害情報システム(DiMAPS)」の運用を開始した。2015年9月に発生した関東・東北豪雨でも被害状況や通行止め情報などを迅速に掲載したことで、活用につながる反響があった。

森林資源情報管理システムの構築で森林行政支援と気候変動対策の推進

パプアニューギニア森林公社

世界有数の熱帯雨林保有国であるパプアニューギニア独立国の森林公社は、持続可能な森林経営に向けた仕組み作りに取り組み、国家森林資源情報管理システムを構築し、森林行政の効率化・高度化に貢献した。


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る