製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

FedExのGIS配送情報追跡オペレーション

米国 FedEx

FedExがGISを使う理由は、期日を守った配送を行うためです。FedExの配送オペレーションの裏側について、FedEx®のテクノロジー戦略担当者 Adam Mollenkopf (アダム・モレンコフ)氏は次のように語っ(詳細はこちら)

GISで最適なルート計画と輸送車の移動距離の短縮が可能に

ドイツ DHL

DHLは、35年以上にわたり国際輸送物流業における革新的なリーダーであり続けています。同社は現在、郵政民営化により発足したドイツポスト社の傘下にあります。ドイツポストは2003年に米国第3位の急送便企業であるAirbor(詳細はこちら)

業務支援GISの一元管理でシステム・業務・データの最適化とコストの削減

千葉県 市原市

千葉県市原市は、これまで業務ごとにGISを個別導入し運用していたが、段階的にArcGISをベースにしたアジア航測社製のパッケージシステムALANDIS NEOへの統合を進め、情報共有の仕組みやコスト縮減効果がもたらされた。

統合災害情報システム(DiMAPS) 地震や風水害などの災害情報を集約

国土交通省・国土地理院

国土交通省は、いち早く現場から災害情報を集約して地図上に分かりやすく表示することが出来る「統合災害情報システム(DiMAPS)」の運用を開始した。2015年9月に発生した関東・東北豪雨でも被害状況や通行止め情報などを迅速に掲載したことで、活用につながる反響があった。

森林資源情報管理システムの構築で森林行政支援と気候変動対策の推進

パプアニューギニア森林公社

世界有数の熱帯雨林保有国であるパプアニューギニア独立国の森林公社は、持続可能な森林経営に向けた仕組み作りに取り組み、国家森林資源情報管理システムを構築し、森林行政の効率化・高度化に貢献した。

IoTとGISでグローバルなサプライチェーン全体を把握

IoT活用でサプライチェーン上の位置情報をリアルタイムに収集 身の回りにある「モノ」にセンサーを取り付けて様々な情報を収集・活用するIoT(Internet of Things)というコンセプトで物流やロジスティクスが大(詳細はこちら)

日本初、草地管理にGISとリモートセンシングを本格活用で地域創生推進

標茶町農業協同組合

北海道川上郡標茶町の標茶町農業協同組合は、人材不足により問題となっていた草地の管理に対して、GISとリモートセンシングを活用し、牧草の生育状況を把握すると共に、組合員に対し情報を提供し草地の更新計画の立案などに役立てている。

地図を活用したスマートメーターの管理

スマートメーターの設置現状と将来推移を把握する手段として地図が活用できます。設置済み顧客や設置予定顧客を地図にプロット、あるいはプロットしたポイントを丁町目単位やメッシュで集計することができ、視覚的にスマートメーターの現状と将来推移を把握することができます。また、スマートメーターに付属する自社の属性データを活用すれば、様々な角度でスマートメータの分析・視覚化をすることができます。

プローブデータ活用プラットフォーム

プローブデータ(フローティングカーデータ)に代表される大量の移動体データを活用するにあたっては、可視化・検索をすること、そして地理的な情報の付加や分析には地図を用いることが不可欠です。手軽にプローブデータを利用可能な形をイメージし、サーバー型のGISを用いて、プローブデータを活用可能なシステムのサンプルをご紹介しております。

IoT と GISの活用で工場の生産効率を改善

工場内のモノの動きを地図上で可視化することでライン上の滞留箇所の発見や備品・部材の所在管理など生産性向上のヒントが見えてきます。


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る