製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

災害発生時の道路啓開における情報集約と状況把握

道路啓開とは 道路啓開は、大規模災害発生時に被災地で緊急車両等が通行可能となるように道路上の瓦礫(がれき)等の除去処理を行い、救援ルートを確保する作業のことです。将来の大規模災害に備え、政府や自治体等では、防災計画の一部(詳細はこちら)

ICT を活用した永続的農業モデルの構築

長門地域農業再生協議会

広範囲にわたる農業経営を行い、永続的農業モデルの構築を課題としていた長門地域農業再生協議会は、GIS をはじめとする ICT 技術を活用し、生産活動において人員、時間、コスト軽減に取り組んだ。

モバイル アプリを活用した空き家の実態調査

空き家の分布状況を把握する 近年、国内では空き家の戸数が増加を続けており、多くの自治体において政策上の課題の 1 つとなっています。空き家には一般にイメージされがちな老朽化が進んだ物件だけではなく、状態は良くとも利活用さ(詳細はこちら)

公共施設等総合管理計画業務で資産管理システムと GIS を統合

佐倉市

佐倉市では、市民から市が所有する施設や土地などの資産について対応要望を受けており、ArcGIS Enterprise を用いたシステムを導入することで、資産管理システム業務効率化に加え、システム利用者の拡大と継続性のある環境を整備することができた。

オープンガバメントを目指し、先進的なデータ活用に ArcGIS プラットフォームを利用

神戸市

神戸市では、ICT を活用したオープンガバメント社会の構築に向けて、市民サービスの向上、業務効率の向上、地域課題の解決を行っていくため ArcGIS プラットフォームを導入し、庁内での GIS ・データの活用や市民向けたデータ公開を行うための統合的なプラットフォームとして稼働を開始した。

屋内・屋外をシームレスに位置特定し車両を探す時間を劇的に削減

本田技術研究所

研究所内で開発中のテスト車両を探すのに時間がかかってしまうことを課題としていた株式会社本田技術研究所では、GPS、準天頂衛星、IMES(屋内測位)を利用し独自で開発した屋内外の位置情報を受信する端末を各車両に搭載し、ArcGIS のマップ上に屋内外をシームレスに表示することで車両を探す時間が劇的に短縮された。

ArcGIS 導入でデータの相互運用性が劇的に向上 2 年間でユーザー数ゼロから 6 万人へ急拡大

アメリカ国家地理空間情報局

政府機関への地理空間情報の迅速な提供と活用の促進が課題となっているアメリカ国家地理空間情報局では、政府機関で広く使用されている ArcGIS プラットフォームを活用したクラウド環境へ移行することで構築から 2 年間でユーザー数がゼロから全世界約 60,000 ユーザーにまで急増した。

宇宙からの災害監視「だいち防災 WEB ポータル」

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 衛星利用運用センター

災害時に取得する ALOS-2 等の緊急観測画像の集約、解析及び防災ユーザへの提供を一元的に担うポータルサイトの構築 ArcGIS プラットフォームの特徴 ALOS-2 等の緊急観測画像の集約・解析・提供を一元化 防災機(詳細はこちら)

危機管理でのストーリー マップの活用

想定される危機・災害リスクを地理的に把握する 危機管理対策は、国・自治体・企業などのあらゆる組織が持続的に活動するために必要不可欠な課題です。組織は、想定されるリスクの把握とそれに対する行動をシナリオとして事前に計画して(詳細はこちら)

自社設備を可視化し、最適な設備管理と投資計画を支援

設備管理の効率化とコスト削減 Excel や CAD などを駆使して膨大な人的リソースやコストを投資して管理している通信網や基地局、データセンターなど様々な自社設備を GIS を活用すれば直感的に把握でき、且つ効率的に管(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る