製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

過去のデータを蓄積、基本図データベースを作成。他部門との連携に活用

大阪府豊中市

道路台帳システムを基にした、自治体GISの先進的取組み 将来を見据えた、積極的なデータ整理、データ利用、情報管理を行う豊中市。その取組みは、先進的な役割を果たしており、今後の自治体GISにおいて政策提言に大きく影響してく(詳細はこちら)

NHKスペシャル番組の制作における利用事例

NHK/慶應義塾大学

GISデータマップが、地域再生の現況を伝える。 各地の新鮮なデータが、GIS担当から番組制作班内アート部門、そしてCG部門の手に渡り、放送内容の理解をより深める美しい地図として視聴者の目に届く。    全体説明 2004(詳細はこちら)

選挙ポスター掲示板設置業務へのGIS活用

宇治市役所GIS利用促進検討委員会

GISの汎用性を活かし、業務の適所においてGISを活用、業務全体の質と効率化を高める。 「宇治市GIS利用促進検討委員会」への参加を通して、各課から集まった委員たちが、日々の業務をベースとして最も効率的かつ有効的なGIS(詳細はこちら)

農業農村整備事業の推進ツールとしてGISを活用

滋賀県

滋賀県ではGISを農業農村整備事業の推進に資するツールと位置付け、様々な活用を行っている。 自治体においてGISを活用する際の参考として、滋賀県の導入目的から具体的な導入に向けての検討並びに実際の活用事例等を紹介する。 (詳細はこちら)

空間情報科学を共通基盤とした人材の育成

筑波大学

ArcGISサイトライセンス導入による研究環境を活かし新しい課題に挑戦する 学問分野、国籍にとらわれない自由な雰囲気のなかでさまざまなプロジェクトを遂行 概要 空間情報科学分野における研究内容 空間情報科学分野は2000(詳細はこちら)

水稲精密農業における情報センターの構築

農業・食品産業技術総合研究機構

ITを活用した新しい米づくりを目指し、日本農業の担い手を支援するための生産管理ツールを開発 精密農業(以下、PF: Precision Farming)におけるGIS活用が栽培技術を向上させる。ほ場毎の収量や作物の生育状(詳細はこちら)

地球環境保全のために活躍できる人材を育成

酪農学園大学

自然や生命の営みと人間活動との関係を科学的に捉え、環境問題解決への明確な指針を発信する 酪農学園大学では、2005年4月からサイトライセンスを導入し、GIS・リモートセンシングを活用した環境教育、草の根活動、空間情報ポー(詳細はこちら)

東京大学でのGIS活用促進とGIS教育への取り組み

東京大学

ArcGISサイトライセンス導入と充実した教育体制により、空間情報科学の研究者育成をリード。 東京大学空間情報科学研究センターでは全学でArcGIS製品を利用した研究や授業を行うことができるArcGISサイトライセンスを(詳細はこちら)

地球環境モニタリングから住民サービスまで

東京情報大学

リモートセンシング、GISの2つのコアテクノロジをもとに一般住民ヘ環境保全のメッセージを配信 MODISのアジア最初の定常受信並びに配信、住民向け自然環境WebGISサービス等、マクロレベルからミクロレベルまで幅広い研究(詳細はこちら)

油流出事故による環境への影響を最小限に 「北海道海岸環境情報図」

北海道立地質研究所

タンカー事故などによる大規模油流出事故。環境に深刻なダメージを与える油汚染の影響を最小限に抑えるためにGISを活用。 北海道立地質研究所によって整備される北海道海岸環境情報図。GISを活用して、汚染された海岸で効率的な油(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る