製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

職員等の「旅費精算」「通勤申請」の経路計算にGISを活用

山口県

電子県庁におけるGISの活用 旅費精算にGISを使用することで正確な距離の算出を可能に!電子県庁システムに組み込まれたGISの6つの特徴 電子県庁 山口県では、「行政サービスの向上」「開かれた県政の実現」「行政事務の効率(詳細はこちら)

GISと土地評価システムの連携。情報の一元管理により業務の効率化を実現

大分市

業務フローと処理内容を統一し、トータルなシステムとして具現化 GISと、連携する評価システムを導入 = “大分市モデル (GIS+評価システム)” イントロダクション 大分市庁舎 大分市は、九州地(詳細はこちら)

固定資産税業務支援GISシステム、窓口業務支援システム、Web配信システムの活用

奈良市

「効率的な課税及び説明」を追求し、納税者からの信頼を得る 固定資産税業務支援GISシステムを用いて、固定資産を効率的かつ適正に評価し、納税者からの信頼を得るための課税事務を推進する。 平城京跡から望む奈良の冬の風物詩、山(詳細はこちら)

居場所や写真、SNS情報を表示するWebアプリがエベレスト登頂をリアルタイムで世界へ配信

チーム・ジョーダン Live on Everest

Webアプリがエベレスト登頂をリアルタイムで世界へ配信 13歳少年のエベレスト登頂に全世界が注目。TwitterやSNSまで組み込んだアプリケーション「Live on Everest」とは。   イントロダクション ネパ(詳細はこちら)

エチゼンクラゲの出現情報の公開で漁業被害を軽減

漁業情報サービスセンター

有害生物出現情報 WebGISシステムの拡張により、モバイル端末から情報の確認が可能に 日本近海域における有害生物の出現情報を公開することで、漁業被害の軽減を目指す。その目的遂行の支援にGISを利用する。 漁業情報サービ(詳細はこちら)

基盤データ未整備地域にも地震被害推定情報を提供

情報通信研究機構 情報セキュリティ研究センター 防災・減災基盤研究グループ

デジタル標高モデル(DEM)を用いた地震被害想定と衛星伝送国際緊急援助隊への地震被害推定情報の迅速な提供を目指して GISを駆使した独自の被害推定システムと、全球をカバーするリモートセンシングデータの活用により、基盤デー(詳細はこちら)

3万端末の接続を可能にした巨大統合型GIS

大阪市計画調整局 都市再生振興部

3万9千人の大阪市職員による全庁利用 年間3億円のGIS関連業務コストを削減するため、庁内に散在する16の個別GISの最適化、業務時間の短縮、高度利用を目的としたGISを導入    イントロダクション 大阪市庁舎 大阪市(詳細はこちら)

効率的・効果的なガバナンスに空間データ基盤を活用

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦アブダビ政府では、空間データ基盤の強化により包括的eガバメントプログラムを実施 政府や関連機関が空間データの効果的な利用、共有を促進するためのフレームワーク(アブダビ空間データ基盤)を活用。    イント(詳細はこちら)

GISと基幹情報の連携で効率的に市民サービスを提供

千葉県市原市 総務部 情報管理課

GISのデータ定義の共通化によって見えてくる統合型GIS導入のメリット 個別GISが普及した市原市では、「空間データを相互連携するしくみ」として統合型GISを導入した。最大限にその効果を引き出すための取組みが行われている(詳細はこちら)

地図で見る統計GIS。政府保有の統計データから地域における企業活動を支援

総務省統計局

政府保有の統計データを一般公開し、地域における企業活動を支援する! 国民や企業が的確な意思決定を行っていく上で統計情報の重要性が益々増大している昨今、統計表を眺めただけでは見えない事実を、「地図で見る統計(統計GIS)」(詳細はこちら)

1 8 9 10 11 12 13 14 17

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る