製品 > ArcGIS Engine > 活用事例

ArcGIS Engine

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

固定資産税業務支援GISシステム、窓口業務支援システム、Web配信システムの活用

奈良市

「効率的な課税及び説明」を追求し、納税者からの信頼を得る 固定資産税業務支援GISシステムを用いて、固定資産を効率的かつ適正に評価し、納税者からの信頼を得るための課税事務を推進する。 平城京跡から望む奈良の冬の風物詩、山(詳細はこちら)

ネブラスカ州緊急事態管理局に見るモバイルGISの可能性

ネブラスカ州緊急事態管理局

小規模政府機関が抱える予算問題 被災地で活動している災害対応チームにとって、GISは技術的ライフラインといえます。GISは5年以上にわたり、ネブラスカ州緊急事態管理局(NEMA)のなくてはならないツールの一つとなっていま(詳細はこちら)

ニュージーランドでの方面看板調査

カーナビコンテンツの情報収集。道路付属物情報と位置情報をGISで同期・管理し、効率化を図る

朝日航洋

ハイビジョンカメラ、LBSユニット、GISで道路付属物情報を収集! ArcGIS Engineベースの“HDVGPS VIEWERソフト”で、道路付属物情報と位置情報を同期・管理し効率化を図る。 概要 朝日航洋株式会社((詳細はこちら)

市街地の中を流れる複雑な風の動きを GIS でシミュレート・可視化する

環境ジーアイエス研究所

風況シミュレーションで最適な意思決定 – Airflow Analyst – 屋外環境の複雑な風の流れを把握するため、GIS 上で流体シミュレーションを可能とする Airflow Analyst (詳細はこちら)

都市部での家屋経年変化を、GISを用いて管理する

北九州市

航空写真を利用した家屋経年異動判読システム。その導入は、都市部における業務効率化のモデルとなる。 政令指定都市である北九州市。家屋数の多い都市部において、家屋経年異動判読システムは、経年の異動家屋の抽出、業務効率化、さら(詳細はこちら)

風況シミュレーションで最適な意思決定−Airflow Analyst−

環境ジーアイエス研究所

市街地の中を流れる複雑な風の動きをGISでシミュレート・可視化する。リスク・環境管理や防災・減災の支援ツールとして活用。 屋外環境の複雑な風の涜れを把握するため、GIS上で流体シミュレーションを可能とするAirflow (詳細はこちら)

風力開発の事業性を地図上で評価し、計画立案を支援するソフトウェアを開発

環境ジーアイエス研究所

風力発電の事業性を評価する発電電力量予測ソフト『RC-Explorer』 「この地点に風車を建設した場合、事業としての採算は見込めるのか?」風力発電におけるリスクを低減をするため、高精度な風況シミュレーション ソフト「R(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る