製品 > ArcGIS Desktop > 製品詳細 > 画像処理

ArcGIS Desktop

画像処理

GIS 解析結果の背景として使用したり、画像データセットを特定の仕様に基づいたものに加工したり、また画像自体を使用した解析を行うなど、様々な方法で画像(ラスター)データを取り扱うことができます。

画像フォーマット対応・画像データ管理

GIS/リモートセンシング分野で標準的に使用されている様々な画像フォーマットの入出力に対応しています(詳細はこちら)。また、モザイク データセットによる大量のデータの効率的な管理や、メタデータによる処理済み画像の自動生成が可能です。

ラスタプロダクト
衛星画像プロダクトのメタデータから処理済み画像
(パンシャープンなど)を自動生成 [デモムービー]

ラスタプロダクト
メタデータやマップ範囲から画像を検索 [デモムービー]

 

画像表示

画像データの形態に応じて、グレースケール、RGB カラー合成、分類、カラーマップなどの表示や、ハードウェア アクセラレーションによるスムーズかつシームレスな高速表示が可能です。

様々な画像表示形式に対応
様々な画像表示形式に対応

スムーズかつシームレスな高速表示
スムーズかつシームレスな高速表示

 

画像処理

正規化植生指数(NDVI)画像の作成、陰影起伏、パンシャープン、クリップ、モザイクなどの複雑な画像処理や解析手法を簡単な操作で画像に適用し、リアルタイムに結果を確認することができます。また、ツールやスクリプトによる処理の自動化やラスター関数、バッチ処理にも対応し、生産現場を強力にバックアップします。

衛星画像 → NDVI画像
衛星画像 → NDVI画像

DEM → 陰影起伏
DEM → 陰影起伏

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る