製品 > ArcGIS CityEngine > 新機能 > CityEngine 2021.1

ArcGIS CityEngine

CityEngine 2021.1

主な新機能

Get Map Data でより正確な建物の取得

OSM インポーターと OSM ルールが強化され、Get Map Data を使用して、より詳細な建物を取得できるようになりました。これにより、CityEngine での都市設計プロジェクトにおいて、リアルなコンテキストの作成がより簡単になりました。Detailed OSM buildings

地形のスカルプティングの改良

地形編集ブラシを改良し、編集した部分と元の地形の境界を滑らかにする機能を追加しました。Smooth Range は編集部分をフェードアウトさせ、Constant Gradient は指定した角度で勾配を定義することができます。これらの機能は、Align terrain to shapes ウィンドウでも利用でき、ストリート ネットワークを扱う際に便利です。

Terrain smooth borders

IFC 用の新しいインポーターとエクスポーター

前回の CityEngine 2021.0 では、DWG モデルのインポートとエクスポート機能が追加され、CAD との相互運用性が向上しました。今回のリリースで CityEngine は 新しい IFC インポーターエクスポーターにより、BIM の世界につながります。

IFC importer and exporter

Transform ツールと Drawing ツール

CityEngineでは、シナリオを直感的に作成・管理・比較することができます。例えば、あるシーンの状態を新しいカスタム参照系を保存または取得し、Transform ツールで適用できるようになりました。変形を行う際には、グローバル、ローカル、または現在選択されているカスタム参照系を使用します。さらに、下のアニメーションのようにガイドと面の交点にスナップするなど、正確な描画をより便利にする新しいスナップ ターゲットが追加されました。

CGA でのマテリアルの使用

このリリースでは新しいマテリアル エンコーダが追加され、CGA で定義されたマテリアルを、.cgamat ファイルと使用されたすべてのテクスチャを含むフォルダにエクスポートできるようになりました。これにより、CGA で定義されたマテリアルを .cgamat ファイルと使用されたすべてのテクスチャを含むフォルダにエクスポートできるようになりました。また、CityEngine 2021.1 には、配列のソート、特定の配列要素の置換、暗黙の配列-文字列変換など、CGAに関する多くの機能が追加されています。Rotate、Scale、Translate の各ツールに、Adjust Position and Orientation ツール オプションが追加されました。これにより、高度な変換を行うために、変換ハンドルの位置や向きを変更することができます。また、スナップもサポートされています。

2021.1 CGA の変更点や不具合修正の一覧は、2021.1 CGA changelog をご覧ください。

CGA materials

ダッシュボードのオーサリングの改良

ダッシュボードはデザイン案を評価、また分析するために不可欠なツールであり、不具合修正と作成の簡素化を行いました。カードやページを複製したり、カードをページ間で移動させることができるようになりました。Dashboard enhancements

ArcGIS 360 VR: 改良された Web ベースのアプリケーション

360 VR アプリケーションは、2021.0 リリースで完全に改良され、ほとんどの VR ヘッドセットで動作し、最新の UI を持つ Web アプリに移行されました。CityEngine 2021.1 ではレンダリング品質が向上し、既存のビューポートのレンダリング設定を使用することができるようになり、利便性が向上しました。

360vr.arcgis.com でお試しください。

360 VR overhaul

新しいチュートリアル: CityEngine ツアー

新しい CityEngine ツアーは、CityEngine の入門編として作成されました。このチュートリアルでは、最も重要な機能の概要を説明し、有名な Houseal Lavigne 計画、また設計事務所による実際の都市設計プロジェクトに基づいています。CityEngine Tour

…その他多くの機能強化と修正

2021.1 のリリース ノートには、さらなるニュースや詳細が記載されています。 CityEngine 2021.1 へのアップグレードは、My Esri をご覧ください。