製品 > ArcGIS CityEngine > 新機能 > CityEngine 2020.0

ArcGIS CityEngine

CityEngine 2020.0

主な新機能

Viweport でのレンダリング (PBR) の改良

ゲーム エンジンやレイトレーシング ソリューションのような忠実度の高いビジュアライゼーション ツールがユーザーのプロダクト パイプラインに不可欠なものとなってきている中で、Viweport でのレンダリング品質を向上させることが目標となっていました。
そこで、CityEngine 2020.0 では、より高品質なレンダリングを実現するために、物理ベースのライティングを Viweport に導入しました。これにより、エミッシブ、ラフネス、オクルージョン、メタリック マップを使用した PBR (Physically Based Rendering) マテリアルを使用した静的モデルやプロシージャル モデルが Viweport に正しく表示されるようになりました。

Viweport でのレンダリング (PBR) の改良

対話的なデザインのツール オプション

以前の CityEngine では、対話的な 2D、3D デザインツールの多くの機能は、ホット キーでしかアクセスできませんでした。今回、Tool Options ウィンドウを追加し、各ツールの機能をグラフィカルなユーザー インターフェースで簡単に利用できるようになりました。ツール オプションでは、描画中の数値入力やスナップ動作も簡単に制御可能です。
また、より直感的な描画のためにスナップ機能を大幅に改善しました。描画ツールは、マウス ポインターが他のオブジェクトやガイドにスナップしたときに、明確で視覚的な 3D フィードバックをするように改良されています。シーンの一部としてガイドを保存できるようになったので、シーンを再度開いたときにガイドを利用できるようになりました。Adobe Photoshop のような他のデジタル コンテンツ作成ツールと同様に、ガイドは形状を揃えたり、デザインのキー ラインを視覚化したりするのに役立ちます。

対話的なデザインのツール オプション

CGA: Array、CSV の読み込みなど

CSVファイル (カンマ区切り値) の直接読み込みを含む、Array 属性の広範囲なサポートを追加しました。これは、Microsoft Excel などの表計算ソフトから作成した外部ファイルからCGA ルールのデータを追加できることを意味します。コードとデータをよりよく分離できるようになったため、CGA コードはよりきれいで読みやすくなりました。これにより、CGA コードの編集や再コンパイルからデータの変更を切り離すことができます。
また、CGA のArray 属性は UI (Inspector) で完全にサポートされるようになり、ルールとの直感的でわかりやすいインターフェースとなりました。

CGA: Array、CSV の読み込みなど

さらに、CGA Editor のパフォーマンスが大幅に改善され、特に多くのパラメーターを持つルールのルール編集の応答性が向上しました。

MSPK としてシーンを ArcGIS へ書き出し

新しい Mobile Scene Package (MSPK) エクスポーターでは、複数のエクスポート機能を組み合わせて、ジオメトリと標高レイヤーを含む 1 つのファイルを作成することができます。
これにより、例えば、3D の建物や道路を調整された地形標高とともにエクスポートすることができ、オブジェクトが部分的に地面に埋もれてしまうことがなくなりました。MSPK ファイルは ArcGIS プラットフォーム上で簡単に共有でき、ArcGIS Pro や ArcGIS Earth などの他のプログラムで使用することができます。

MSPK としてシーンを ArcGIS へ書き出し

USD のサポート

Pixer の USD (Universal Scene Description) は、多くの 3D アプリケーションでサポートされている最新の高速 3D ファイル フォーマットです。USD を使用することで、大規模なシーンを効率的に VFX、アニメーション、ゲーム プロダクト パイプラインにエクスポートすることができます。
USD は、エクスポート時に CityEngine のレイヤー階層とオブジェクト境界を完全に保持する最初のフォーマットです。また、USD は、FBX や OBJ などの従来のフォーマットに比べて、大規模なシーンのエクスポートやインポートを高速に行うことができます。「USD Preview Material」は、SideFX Houdini や USD と互換性のある他のレンダラーなど、下流のアプリケーションですぐに PBR マテリアルをサポートすることができます。

USD のサポート

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る