製品 > ArcGIS CityEngine > 製品詳細 > カスタマイズと開発

ArcGIS CityEngine

カスタマイズと開発

Pythonによるカスタマイズ

統合された Python(R) スクリプティング インタフェースで、任意のメタデータの書き出しや建物情報のインスタンシング、FBX(R) カメラのインポートなど反復処理や特定の処理タスクが行えます。

CityEngine SDK による開発

SDK(ソフトウェア開発キット)が公開されており、プロシージャル ジオメトリの作成機能を 3D モデリングツ ール(SketchUP や Maya など)やゲームエンジン(Unreal Engine や Unity3D など)、 シミュレーションエンジン(CitiLabs や Vega Primeなど)の他のアプリケーション、 または自作の ArcGIS for Desktop ツールや Server エクステンションに埋め込むことができます。SDK とドキュメントおよびサンプル(例:Maya プラグイン) は GitHub に公開されています。

 

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る