製品 > ArcGIS Business Analyst > 活用事例

ArcGIS Business Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

暮らしを支えるケーブルテレビ事業者へ

ケーブルテレビ業界の環境変化 サービス提供エリア内の人口減少や高齢化による市場規模の縮小、競合企業による提供エリア拡大や営業・プロモーションの積極攻勢、OTT(Over the Top:インターネット上でコンテンツ配信を(詳細はこちら)

輸配送や訪問ルートの最適化

輸配送や訪問ルートの最適化

業務上の制約条件にもとづいて最適なルートを設定 部品や完成品を他の拠点や取引先に輸配送する際には、輸配送に用いるトラックの台数、ドライバーの人数やシフト、最長の輸送距離や時間など、さまざまな業務上の制約条件を考慮してルー(詳細はこちら)

営業テリトリー・管轄エリアの最適化

営業テリトリー・管轄エリアの最適化

営業担当テリトリー分割を最適化 営業部門において、各営業担当者が受け持つエリア(テリトリー)を定め、テリトリー単位で売上額など営業目標を設定し、年次など一定の期間でテリトリーを更新する業務運用を行う場合があります。その際(詳細はこちら)

地域のマーケット特性を活かした製品訴求

地域のマーケット特性を活かした製品訴求

地域のマーケット特性を分析 消費者と接点のある製品を企画・製造する企業にとって、想定ターゲット層のニーズに即した製品をいかに適切なマーケットに供給することができるかがマーケティング上の大きなテーマです。この際に、対象マー(詳細はこちら)

サプライチェーンの最適化とリスク管理

サプライチェーンの最適化とリスク管理

サプライチェーンの現状把握と最適化 災害発生時のサプライチェーン寸断リスク、グローバル調達によるいっそうの原価低減、さらにはグローバル連結経営管理の実現など、サプライチェーン全体を俯瞰して把握する重要性が高まりつつありま(詳細はこちら)

帰宅困難度分析

従業員住所と勤務地の距離感を把握し、各勤務地の備蓄量を最適化します。 各ビジネス拠点単位で行うBCP A支店勤務で、帰宅困難になる可能性がある従業員数は? B支店が担保すべき備蓄量は? 災害発生時に、C拠点に駆けつけられ(詳細はこちら)

自治体シンクタンクの調査研究および政策支援業務における GIS の活用

相模原市

GIS によってもたらされる地域分析の手法の確立と分析精度の向上 平成 24 年度、新たに導入した Esri Business Analyst を用いた地域分析の事例を紹介し、自治体における GIS 活用のメリットとその(詳細はこちら)

地域医療の役割と需要予測に位置情報を活用

JA長野厚生連 佐久総合病院

病院内・病院外とのコミュニケーションツールとしての可能性 地域における病院の役割から将来の医療需要予測まで医療分野における GIS の活用方法とは  イントロダクション 図1:長野県東信地域 佐久総合病院は長野県佐久市に(詳細はこちら)

フランチャイズ経営に位置情報を活用。商圏評価、用地選定を可視化

Arby's, Wendy's, Culver's

ファストフード・チェーンのフランチャイズ経営者は、長年にわたり、最適な出店地の選定に GIS テクノロジーを活用してきた。経営者たちは、GIS を活用してフランチャイズ、競合、顧客がどこに存在しているかを把握することで、(詳細はこちら)

地理情報とハフモデルから分析された地域再生のカギ

ハーシー エンターテイメント リゾート社

Esri Business Analyst を利用した地域再生計画とは   チョコレートをモチーフにした街灯 近隣の大型店舗へ流出した地域顧客と観光客を呼び戻すため「市場規模」と消費者が買い物をする確率である「(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る