製品 > ArcGIS Business Analyst Desktop > 製品詳細 > 顧客分析・パフォーマンス分析

ArcGIS Business Analyst Desktop

顧客分析・パフォーマンス分析

住所や緯度経度をもとにユーザ保有の顧客情報を地図上にプロットすることで、来店状況の偏りや実勢商圏の把握を行います。また、エリアごとに顧客情報と市場ポテンシャルを把握し、市場シェアを計算することで、マーケティング施策に活用できます。

ArcGIS Business Analyst


 

顧客分布商圏

顧客分布商圏

顧客の分布をもとに、店舗から一定の割合を囲む商圏を作成します。同心円上の商圏や道路商圏は理論上の商圏ですが、顧客の分布をもとに作成する商圏は店舗の実態を表しており、実勢商圏と呼ばれます。

 

市場シェアの把握

市場シェアの把握

自社商品の市場への浸透率を表します。顧客をエリアごとに集計をし、その値を市場ポテンシャルで割ることで算出されます。たとえば、顧客数÷世帯数などが用いられます。この分析を行うことで、自社の強いエリアと弱いエリアを把握することができます。

 

クロスランキング

クロスランキング

2つの属性からシンボル表現する機能です。縦横2軸のグラデーション表現によるシンボルが表示されるため、2つの属性の関連性を直感的に理解することができます。たとえば、市場ポテンシャルが大きいにも関わらず、顧客が得られていない「てこ入れすべきエリア」の抽出などを行えます。

 

スパイダー ダイアグラム

スパイダー ダイアグラム

各顧客から関連する店舗まで直線が引かれ、顧客ごとに店舗への距離(直線・道路時間・道路距離)が算出されます。顧客の来店状況を可視化することで、顧客の移動パターンの把握や広告配布エリアの調整などに活用できます。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る