製品 > ArcGIS API for JavaScript > 活用事例

ArcGIS API for JavaScript

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

地域防災マップ「あがらマップ」のシステム構築

和歌山大学

地域に根差した防災教育活動を担っている和歌山大学では、地域住民への防災に対する関心を維持してもらうために ArcGIS を活用した「あがらマップ」を構築し、防災ワークショップの効率的な運営を実現した。

災害発生時における災害情報の迅速な把握と適切な意思決定を支援する防災情報システム

浜松市

2015年度から運用してる発災時における被害報告や避難所管理機能など災害情報を集約と共有するシステムに新たにArcGISを連携させることで、地理情報を元にした被害報告、避難所開設状況の把握、および地図上での避難発令管理が可能となり、迅速かつ正確な意思決定支援ツールとして整備された。

地図を活用した送配電設備の維持・管理

送配電の維持・管理 発電施設・変電所・各種ケーブル・電柱など送配電に関連する電力設備を地図を活用して、維持・管理することができます。どのような形態でどのケーブルが敷設されているのか、どこまで定期点検が済んでいるのかなど、(詳細はこちら)

災害時の情報を一元管理し、迅速な意思決定を可能にした「越谷市災害情報管理システム」

埼玉県 越谷市

過去に大雨や台風による甚大な水害に見舞われてきた越谷市は、発災時の情報の一元化・共有化、被害状況等の集約・発信を行う「越谷市災害情報管理システム」を2016年から運用を開始した。災害情報と地図情報を関連づけ一元管理し、それらを庁内でリアルタイムに共有することや、市民への迅速な情報提供が可能となった。

地図を活用したスマートメーターの管理

スマートメーターの設置現状と将来推移を把握する手段として地図が活用できます。設置済み顧客や設置予定顧客を地図にプロット、あるいはプロットしたポイントを丁町目単位やメッシュで集計することができ、視覚的にスマートメーターの現状と将来推移を把握することができます。また、スマートメーターに付属する自社の属性データを活用すれば、様々な角度でスマートメータの分析・視覚化をすることができます。

プローブデータ活用プラットフォーム

プローブデータ(フローティングカーデータ)に代表される大量の移動体データを活用するにあたっては、可視化・検索をすること、そして地理的な情報の付加や分析には地図を用いることが不可欠です。手軽にプローブデータを利用可能な形をイメージし、サーバー型のGISを用いて、プローブデータを活用可能なシステムのサンプルをご紹介しております。

大規模都市ガス事業者におけるGISの先進的活用

大阪ガス

近畿地方の約700万戸に都市ガスを供給する大阪ガスは、設備管理・設計・工事・保安・災害対策など多岐にわたりGISを活用。データベースの集約によるコスト削減を実現。

一刻を争う火災現場にリアルタイムデータを配信

カリフォルニア州アラメダ郡

火災対応に必要な情報を一元管理し配信、共有 課題 火災対応に必要となる情報の共有化 導入効果 SitStat上で各対応部隊の位置、現場の周辺域について確認が可能に 意思決定の鍵となる情報を確実に現場の司令官に提供すること(詳細はこちら)

漁船の追跡システムでEUの共通漁業政策をサポート

クロアチア 水産省

漁船モニタリングシステムで漁業資源の減少をくいとめる 魚類資源量が減少傾向にあるEUでは漁業は継続的なものであり、未来の世代に向けた漁業資源量を脅かさないという長期的目標を設定している。EUの共通漁業政策(CFP:Com(詳細はこちら)

東日本大震災におけるSNSマップ。被害状況や救援依頼などの生の声をWebマップへ

ESRIジャパン株式会社、Esri社(米国)

震災発生後、日本全国でTwitterなどの「ソーシャルメディア」に上がった様々な声を、Webマップで集約 ESRIジャパンとEsri社(米国)の協力体制、そしてクラウドコンピューティングの活用によるマップ構築 イントロダ(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る