製品 > ArcGIS API for JavaScript > 動作環境

ArcGIS API for JavaScript

動作環境

ArcGIS API for JavaScript

バージョン 4.x

開発環境
・無償の JavaScript 統合開発環境/テキスト エディター
 - Visual Studio Code
 - Sublime Text
 - Atom
  など
クライアント環境
・2D
 - Google Chrome
 - Firefox
 - Internet Explorer 11※1
 - Microsoft Edge
 - Safari 11+(Mac)
 - Safari(iOS)
 - Google Chrome(Android)※2
・3D※3
 - Google Chrome
 - Firefox
 - Internet Explorer 11※1
 - Microsoft Edge
 - Safari 11+(Mac)
 - Google Chrome(Android)※2
ハードウェア環境
・3D には以下の要件を満たしたハードウェアが必要です
 - 2GB 以上のシステム メモリ(4GB 以上推奨)
 - WebGL をサポートするグラフィックス カード※4

※1 IE 11 のバージョンによっては WebGL を使用して地図を描画する際、正しく表示できないことがあります。また、既知のメモリの問題によりパフォーマンス上の問題が発生する場合があります。
※2 Android は端末によって地図表示のパフォーマンスが異なる可能性がありますので、開発の前にあらかじめ動作検証を行うことを推奨します。
※3 3D 地図の表示には Web ブラウザーが WebGL をサポートしている必要があります。
※4 最低 512 MB のビデオ メモリを搭載した、モバイル用でないグラフィックス カードが必要です。最適なパフォーマンスを得るには、1GB 以上のビデオ メモリを搭載したグラフィックス カードの使用をお勧めします。
また、現在 3D は次のモバイル端末をサポートしています。
– iOS:iPhone 8、iPad Pro
– Android:Samsung S8、Samsung Tab S3
上記以外のモバイル端末を使用している場合、デバイスには最低 2GB のRAM( 4GB を推奨)、強力なマルチコア プロセッサとGPU、最新のAndroidまたはiOSバージョンがインストールされている必要があります。

 

バージョン 3.x

開発環境
・無償の JavaScript 統合開発環境/テキスト エディター
 - Visual Studio Code
 - Sublime Text
 - Atom
  など
クライアント環境
・Web ブラウザー
 - Google Chrome
 - Firefox
 - Internet Explorer 11
 - Microsoft Edge※1
 - Safari (Mac)
・モバイル端末
 - iOS(Safari)
 - Android(Google Chrome)※2

※1 バージョン 3.15 以降よりサポート
※2 Android は端末によって地図表示のパフォーマンスが異なる可能性がありますので、開発の前にあらかじめ動作検証を行うことを推奨します。

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る