製品 > 動作環境一覧 > Esri 製品における 64 ビット プロセッサのサポート

製品

Esri 製品における 64 ビット プロセッサのサポート

Esri 社は、Intel または AMD の 64 ビット プロセッサ(例: AMD64 、Xeon64)における ArcGIS 9.3、9.3.1、10、10.1、10.2 アプリケーションの正常動作を確認しました。

すべての ArcGIS アプリケーションの動作保証は、アプリケーションの動作に必要なサードパーティ製品が、そのプラットフォームをサポートしているかに依存します。 例えば、ArcGIS アプリケーションが .NET 1.1 テクノロジに依存していて、.NET 1.1 が特定のプラットフォームをサポートしていなければ、ArcGIS アプリケーションのそのプラットフォーム上での動作はサポートされません。

ArcGIS for Desktop および ArcReader 9.3、9.3.1、10、10.1、10.2 の 64 ビット対応について

64 ビット CPU & 32 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。
64 ビット CPU & 64 ビット版 Windows 環境 32 ビット互換モードでの動作をサポートします。

ArcGIS Engine 9.3、9.3.1、10、10.1、10.2 の 64 ビット対応について

64 ビット CPU & 32 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。
64 ビット CPU & 64 ビット版 Windows 環境 32 ビット互換モードでの動作をサポートします。

ArcGIS Runtime の 64 ビット対応について

64 ビット CPU & 32 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。
64 ビット CPU & 64 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。

ArcGIS 10.1、10.2 for Server の 64 ビット対応について

64 ビット CPU & 32 ビット版 Windows 環境 動作しません。
64 ビット CPU & 64 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。

ArcGIS Server 9.3、9.3.1、10 の 64 ビット対応について

64 ビット CPU & 32 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。
64 ビット CPU & 64 ビット版 Windows 環境 32 ビット互換モードでの動作をサポートします。

ArcSDE 9.3、9.3.1、10、10.1、10.2 の 64 ビット対応について

64 ビット CPU & 32 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。
※ バージョン 10 は、ArcSDE 10 for PostgreSQL、ArcSDE Workgroup、ArcSDE Personal のみ 32 ビットに対応
※ バージョン 10.1 および 10.2 は、ArcSDE Personal のみ 32 ビットに対応
64 ビット CPU & 64 ビット版 Windows 環境 動作をサポートします。

ジオプロセシング ツールの 64 ビット対応バックグラウンド処理について

ArcGIS for Desktop および ArcGIS Engine のバージョン 10.1 SP1 から、ArcGIS 10.1 SP1 for Desktop Background Geoprocessing プログラムをインストールすることにより、ジオプロセシング ツール(各種 GIS 処理を実行するツール)のバックグラウンド処理を 64 ビット対応で実行することができます。このプログラムは、Esri 製品サポート ページからダウンロードすることができます。

このプログラムによる ArcGIS for Desktop および ArcGIS Engine の 64 ビット対応に変更はなく、両製品は 32 ビット アプリケーションです。ジオプロセシング ツールがフォアグラウンドで実行された場合は、従来通り 32 ビット環境で実行されます。

今後について

ユーザ様のニーズにお応えして、引き続き 64 ビットのサポート プラットフォームを増やすべく動作検証を行っていきます。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る