製品 > ArcGIS 3D Analyst > 活用事例

ArcGIS 3D Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

農業GIS

農地耕作や緑地計画、森林管理など農業や森林分野の研究における分析や解析がArcGISで効率的に行うことができます。 活用方法 農地耕作 農家の高齢化・後継者不足による耕作放棄地を地図化、農作物の作付面積の集計、収穫量の把(詳細はこちら)

3次元データの解析ツールとArcGISを組み合わせた高度な森林情報の管理

千葉大学

千葉大学 園芸学部 園芸学研究科 助教の加藤氏は、森林分野における3次元データの取得から得られたデータの解析までを行い、森林資源量の正確な把握に取り組んでいる。

GISを用いた行政情報の「見える化」

横須賀市議会

市民にとって重要と思われる地域情報や行政情報を、誰もが直感的に理解しやすいよう地図上で可視化・公開し、議会質疑や市民との意見交換の場で役立てている。

24時間365日-日本全国のリアルな人口統計データを分析・可視化

ドコモ・インサイトマーケティング

6,000万の携帯電話を繋ぐデータから地域毎の人口の分布や、性別・年齢層別・居住エリア別の人口構成を推定可能にし、地図上での可視化を実現。モバイル空間統計の普及を目指す。

GISと風況解析で南極昭和基地のスノウドリフト(吹き溜まり)予測を目指す

国立極地研究所

南極昭和基地の建物周辺にできる大量の雪の吹き溜まりをGISと風況シュミレーションにより解析。効率的な施設管理に役立てる。

スーパーコンピューター「京」で解析した津波シミュレーションをアニメーションにより可視化

海洋研究開発機構

蓄積されたデータは避難経路シミュレ-ションなどに活用 ArcGIS for Desktopで一般人にもわかり易い津波動画を制作 課題 防災担当者や地域住民への防災意識付け 津波ハザードを一般人にもわかり易く伝達 導入効果(詳細はこちら)

「シームレス地質図」の整備と情報公開の取り組み

産業技術総合研究所

地質情報研究部門の入る 産総研つくば第7事業所 ソフトウェア購入コスト削減と利活用拡大を両立 課題 ソフトウェア購入コスト削減 汎用的なフォーマットでのデータ提供 永続的なサービス提供 導入効果 ソフトウェア購入コストが(詳細はこちら)

農業・地域振興を目指して。GIS や多変量解析を空間情報学科の生徒が援用

新潟県立新発田南高等学校

農業・地域振興への GIS や多変量解析の援用を生徒が実践。 自ら学会で全国に情報発信も。 GIS の研究が普及することにより空間情報科学の確立へも寄与できる   概要 図1:関川村の位置 日本の農業の衰退が指(詳細はこちら)

地下のユーティリティ インフラを3Dマッピングで見える化

ノースカロライナ州ローリー市

正確なユーティリティ設備の位置情報の把握で建設現場での作業が効率的に   ノースカロライナ州ローリー市に建設されたグリーンスクエア ノースカロライナ州の州都であるローリー市の中心に位置するグリーンスクエアは、多(詳細はこちら)

東日本大震災対応における政策形成支援にGISを活用

福島県相馬市

自治体のマネージャクラスは、災害対応でどのように GIS を活用したか サイトライセンス導入によって全庁で GIS 利用環境が整った相馬市では、担当職員からマネージャクラスまで、 GIS によってスピーディに震災対応がお(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る