製品 > ArcGIS 3D Analyst > 活用事例

ArcGIS 3D Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

豊かな「農・漁」を育む森林の活性化

福岡県 糸島市

持続可能な森林経営の実現 課題 森林・林業行政の根幹となる計画策定 荒廃した人工林の増加 導入効果 持続可能な森林経営の実現 森林情報や多種多様なデータの集約 概要 「はろ展望台」から見た二丈岳の眺望 糸島市(以下、本市(詳細はこちら)

タイ洞窟遭難事故 少年たちの救出に向けた 最善策の立案に GIS が貢献

タイ鉱業資源省 / Esri Thailand社

洞窟への水の流入箇所の特定、洞窟内部の構造、水位、酸素濃度、気象状況など、あらゆるデータを GIS で可視化し、救出の最善策を立案 課題 地上の水が地下に流入している場所の特定と排水方法の検討 洞窟内部の実際の通路の大き(詳細はこちら)

超高精度な数値表層モデルと気象情報を加味した太陽光発電システム日射量解析手法

九州工業大学

日射量解析システムで太陽光発電パネルの出力に影響を与える「部分影」を解析 課題 太陽光発電パネルにかかる部分影が起こす出力低下 天候変動による太陽光発電システム出力低下 導入効果 数値表層モデル(DSM)があれば任意の日(詳細はこちら)

熱環境と風況解析による環境計画手法の確立を ArcGIS と Airflow Analyst で目指す

東京農業大学

東京農業大学では気候変動による都市部のヒートアイランド化対策を目指す研究のケーススタディをキャンパスで行い、ArcGIS と Airflow Analyst を用いて風の流れを可視化し、キャンパスの再整備や建物増築後のシミュレーションを行った。

太陽光発電施設の適地選定

自然エネルギーを活用するために太陽光発電システムの施設の設置に適切な場所を検討する必要がある場合、ArcGIS Desktop の専用解析ツールを使用すれば、適地選定シミュレーションを机上で実施することができます。事前に(詳細はこちら)

平成28年熊本地震におけるGISとドローンの災害廃棄物処理業務への活用

環境と開発

熊本市を拠点とする環境・開発プロジェクトの総合コンサルタントである株式会社 環境と開発は、東日本大震災での経験と、最新のGIS・ドローン技術を用いて、迅速かつ精度の高い熊本地震の廃棄物処理業務を実施した。

暑熱環境モニタリングによるヒートアイランド現象の可視化

東京都環境科学研究所

東京都の環境施策の推進に関連する研究を行う東京都環境科学研究所は、熱中症を引き起こす環境要因について調査し、ヒートアイランド現象の現状と課題を明らかにした。また、東京オリンピックに向けた観客の熱中症対策として「東京オリンピックマラソンコース日陰マップ」を作成した。

IoTと3D GISでよりスマートな設備管理を実現

IoTと設備管理 モノにセンサーをとりつけることで、その状態や位置情報を適時収集して活用するIoT(Internet of Things)によってよりスマートな設備管理の実現が期待されています。センサーが取り付けられた設(詳細はこちら)

GISを使って作成した立体都市模型と津波浸水想定深度の体験型展示の開発

徳島大学

文系・理系の枠を越え地域の実践的な課題をテーマに据えた教育・研究を行っている徳島大学総合科学部は、徳島の喫緊の課題である津波防災の活動に貢献すべく、災害情報を仮想的に体験することができる展示装置をGISとメディアアートとの連携により開発した。

都市計画GIS

建築学、エネルギー工学、土木工学に関連する都市計画や再生可能エネルギーをArcGISを利用して分析・解析することができます。 活用方法 3次元都市景観 用途地域のデータを作成、CADデータとの連携、3次元都市景観の作成・(詳細はこちら)

1 2 3 4 7

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る