ニュース > 【教育 GIS 便り】読書の秋

ニュース

【教育 GIS 便り】読書の秋

 

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】

普段は通勤時や移動時に本を読むのですが、コロナ禍に伴い在宅勤務や Web 会議が増えると、活字に触れる機会が少なくなったことに気づきました。

本屋で読みたい本を選ぶ際のドキドキ感も好きですし、図書館で恐らく自分では買わないであろう本を手に取って新しい知識を得るのも好きです。

先日、図書館で、竹村 公太郎 著『日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】』を手にしました。
著者は土木工学の専門家で、建設省(現 国土交通省)にてダム事業に力を注いだ方です。

著書が問う「地形」や「気象」の観点から見た日本の歴史の「なぜ」は、これまで私が意識してこなかったことで、なるほどな!と、読み進めていくのも面白かったです。

一部目次を紹介すると
・なぜ江戸は、世界最大の都市になれたのか?
・上野の西郷隆盛像はなぜ「あの場所」に建てられたのか
・「小型化」が日本人の得意技になったのはなぜか
・なぜ日本人は「もったいない」と思うのか

仮説を立てる際に「浮世絵」から当時の状況を想定して説明しており、「日本人は、旅好きで地形の関係で馬や牛を使えずに自分の足で移動していたから、荷物を最小限にしたく、折り畳み傘やウォークマンなど無駄を省いたものを作った」と書いてあり、確かに、何時ぞや「日光街道」を歩いた時には極力荷物を持ちたくないものだと思った次第です。

読書感想文ならぬ、読んで得た知識をStoryMapにしたり、仮説が正しいかどうか地形解析を実施するのも、秋の夜長にふさわしいかもしれません。
まずは「読書の秋」にしたいと思います。

 

◆参考◆

旧東海道標高マップ
ラインをクリックして街道の標高を見ることができます。
一部傾斜が高いところがあるものの極力平坦な道なのがわかります。

旧東海道標高マップ

【教育 GIS 便り】距離と座標系(2019 年 5 月号)

◇竹村 公太郎(2014)『日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】』
 PHP 文庫 ISBN978-4-569-76145-9

 

Learn ArcGIS がリニューアルされました

これまで E-Learning 教材として Learn ArcGIS を紹介してきました。
この度、Esri は Learn ArcGIS をリニューアルし、GIS 初心者から幅広い GIS ユーザーまで利用可能なコンテンツを整理しました。

新しくなった Learn ArcGIS はこちら

「新規ユーザー」や「学生」などカテゴリー別に分かれており検索がしやすくなりました。

授業の副教材としてご利用ください。
右上の「日本語」ボタンから「English」など他言語に変更可能ですので、留学生にもご利用頂けます。

 

ウェビナーシリーズのご案内

ソリューションの紹介から ArcGIS 製品の活用法まで、幅広い内容でウェビナー(Web セミナー)を開催しています。
インターネットがつながる環境があればどこからでも参加可能です。
業界別のウェビナーは、社会での GIS 活用事例として授業の副教材にご利用いただければ幸いです。

ビジネスにおける地図と位置情報活用セミナー
地図とデータをつなぎサプライチェーン基盤を強化するためには

GIS と IoT とを繋ぎ合わせ、より高度なデータを生み出し、サプライチェーン基盤の強化を図るために地図が貢献できること。
ゲストスピーカーに、トヨタ自動車株式会社 ITS・コネクテッド統括部の田村様をお招きし、ご講演頂きます。

日時:10 月 2 日(金) 15 時 00 分 ~ 16 時 10 分

詳細およびお申込みはこちら

 

もっと使おう! ArcGIS ウェビナー
ArcMap ユーザー必見! ArcGIS Pro のススメ ~ArcGIS Pro へ移行する理由と方法~

日時:10 月 14 日(水) 15 時 00 分 ~ 15 時 40 分

詳細およびお申込みはこちら

 

自治体向け GIS 活用ウェビナー

自治体における GIS の役割と活用方法を、防災、新型コロナウイルスの情報集約、市民向け情報公開、鳥獣被害対策などのテーマごとに紹介します。

日程:10 月 2 日(金)、16 日(金)、22 日(木)、30 日(金)
時間:18 時 00 分 ~ 18 時 30 分 ※10 月 16 日(金)のみ 16 時 00 分 ~ 16 時 30 分

詳細およびお申し込みはこちら

 

建設業界向け GIS ソリューションセミナー
~BIM/CIM モデルの活用による新たな可能性~

ArcGIS プラットフォームにおいてBIM/CIM(Building / Construction Information Modeling, Management)モデルをどのように活用できるのかについて、デモンストレーションや活用例を交えて紹介します。

日時:10 月 28 日(水) 15 時 00 分 ~ 16 時 20 分

詳細およびお申込みはこちら

 

*――――――――――――――――――――――――――――――――*
ご不明な点がございましたら下記までご連絡ください。
お手数ですが件名に「読書の秋」とご記載ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

★★★  「教育 GIS 便り」バックナンバー ★★★

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ESRIジャパン株式会社
ソリューション営業 教育機関担当
E-Mail: education@esrij.com
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル 6F
TEL: 03-3222-3941
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

掲載種別

掲載日

  • 2020年9月30日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る