ニュース > 消費税法改正10% に伴う対応方針に関するご案内

ニュース

消費税法改正10% に伴う対応方針に関するご案内

 

お客様各位

                                ESRIジャパン株式会社

                                営業推進グループ

 

消費税法改正 10% に伴う対応方針に関するご案内

 

 2016 年 4 月に消費税法の一部が改正され、消費税率及び地方消費税率の 8% から 10% への引上げ時期が 2019 年 10 月 1 日からとされました。

 これに伴い、当社は消費税法改正 10% に従った適正な運用を行うために、以下の方針でご請求をさせていただきます。

1.保守製品

  1. ご契約日より 2019 年 9 月 30 日の期間に対応する部分は消費税 8% を課税させて頂き、2019 年 10 月 1 日より保守契約終了日までは 10% の消費税を課税させて頂きます。

保守契約開始日(保守更新日)~ 2019 年 9 月 30 日 :消費税率 8%
2019 年 10 月 1 日        ~ 保守期間終了日:消費税率 10%

  1. 既にご契約済み且つお支払い済みで、2019 年 10 月 1 日以降に保守期間が終了する場合は、2019 年 10 月 1 日から保守期間終了日までの期間に対する 2% の増税分につき、追加請求させて頂きます。

2.ArcGIS Developer Subscription / 365 日期間限定ライセンス / サイトライセンス / 自治体ソリューションライセンス / アカデミックパック / EPN / ArcGIS Online 製品 等

2019 年 9 月 30 日時点で確定した追加増税明細リストを作成し、2019 年 10 月 1 日以降に追加請求させていただきます。
なお、2019 年 3 月 31 日までの契約済みの項目2の製品は経過措置が適用されますので追加請求はありません。

3.政府発表後の実施

2019 年 10 月 1 日から予定されている消費税法改正 10% の実行が、政府より正式発表後、当社の方針に基づき適正な消費税を徴収させていただき、納税致します。

本件に関するお問い合わせ先

ESRIジャパン株式会社 
営業推進グループ
パートナー推進グループ
お問い合わせ:www.esrij.com/contact/

 

 

掲載種別

掲載日

  • 2019年4月22日

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る