ニュース > ArcGIS API for JavaScript が Ver.4.9 および Ver.3.26 にバージョンアップ

ニュース

ArcGIS API for JavaScript が Ver.4.9 および Ver.3.26 にバージョンアップ

 

ArcGIS API for JavaScript バージョン 4.9 および 3.26 の国内サポートを開始しました。

バージョン 4.9 では、ベータ版としてリリースされていた 2D での WebGL を使用した描画が正式にサポートされました。従来の描画方法と比べ、大量のデータを素早くマップに描画することが可能です。そのほか、フィーチャの属性情報に基づいて入力フィールドを表示するフィーチャ フォーム ウィジェット(ベータ)やアタッチメントを操作するメソッドが追加されなどの機能向上が行われています。

 

その他、新機能については以下をご参照ください。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2018年11月15日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る