ニュース > ArcGIS Runtime SDK (.NET / Android / iOS) バージョン 100.2 をリリース

ニュース

ArcGIS Runtime SDK (.NET / Android / iOS) バージョン 100.2 をリリース

 

ArcGIS Runtime SDK バージョン 100.2 を国内リリースしました。
バージョン 100.2 では、シェープファイルや GeoPackage を端末にコピーして、オフライン環境でデータの表示/編集が行えるようになりました。
その他にも、OGC WMS レイヤーのサポートや、3D 解析(見通し、可視領域)、属性値の統計情報の計算、地理座標系変換、トランザクション編集などの新機能が追加されています。

新機能の詳細に関しては、各製品ページをご覧ください。

関連リンク

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2018年1月31日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る