ニュース > GISの最新動向を知る『GISコミュニティフォーラム』を北海道、中部、関西、九州で開催

ニュース

GISの最新動向を知る『GISコミュニティフォーラム』を北海道、中部、関西、九州で開催

 

GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手(※1)の ESRIジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、GIS の利用促進とユーザー間の情報交換を目的とした『GISコミュニティフォーラム』を、北海道(10 月 18 日(水))、中部(10 月 3 日(火))、関西(10 月 25 日(水))、九州(9 月 27 日(水))で開催します。

当フォーラムでは、スマートシティ、地域経済をテーマにした基調講演と地域医療、防災対策、自治体庁内活用、自動車サプライチェーンをテーマとした GIS ユーザーによる事例発表を行います。そのほか、GIS の技術セッション、Esri 製品の最新情報紹介、体験セミナー、平成 27 年国勢調査データの展示なども行います。

基調講演

  • 北海道・関西会場

    「Society 5.0 に向けたスマートシティー・スマートカンパニーの姿」

     東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授
     江崎 浩 氏

  • 中部・九州会場

    「官民データ活用と地域経済社会の未来」

     国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 准教授/主任研究員
     庄司 昌彦 氏

事例発表

  • 北海道会場

    「北海道における医療 GIS の現状と展望-地域医療の可視化と将来予測」

     北海道大学 大学院 保健科学研究院 教授
     環境健康科学研究教育センター センター長
     小笠原 克彦 氏

  • 中部会場

    「GIS を用いた自動車部品産業に関する空間分析」

     愛知大学 地域政策学部 教授
     蒋 湧 氏

  • 関西会場

    「ゼロから広める GIS ~庁内 GIS 活用の取組み~」

     神戸市 企画調整局 創造都市推進部 係長
     中川 雅也 氏

  • 九州会場

    「G空間情報を活用した防災対策」

     九州大学 大学院 工学研究院 教授
     三谷 泰浩 氏

ESRIジャパン発表

  • ArcGIS プラットフォームの活用による効果的な情報共有と意思決定
  • ArcGIS 新製品情報
  • テクニカルセッション
     【北海道会場】
      - 座標系 もう悩まない!
      - 作業の効率化を図ろう!ジオプロセシングツール
     【中部・関西・九州会場】
      - 作業の効率化を図ろう!ジオプロセシングツール
      - 実務に効く!地図注記の作成と編集

体験セミナー

・2D & 3D マップの作成を体験してみよう!

名 称 GISコミュニティフォーラム in 北海道 / 中部 / 関西 / 九州

会 期
会 場

各会場とも 10:30-17:30 (受付開始 10:00)

北海道 2017 年 10 月 18 日(水)
ACU-A(アスティ45 16 階)(札幌市中央区)

中 部 2017 年 10 月 3 日(火)
ウインクあいち 12 階 (名古屋市中村区)

関 西 2017 年 10 月 25 日(水)
梅田スカイビルタワーイースト 36 階 (大阪市北区)

九 州 2017 年 9 月 27 日(水)
アクロス福岡 7 階 (福岡市中央区)

主 催 ESRI ジャパンユーザ会
後 援 特定非営利活動法人 EnVision環境保全事務所(北海道会場)、特定非営利活動法人 かごしまGIS・GPS 技術研究所(九州会場)、GIS 基礎技術研究会(九州会場)、GITA-JAPAN、地方公共団体情報システム機構、一般社団法人 地理情報システム学会、デジタルアース日本学会、特定非営利活動法人 Digital北海道研究会(北海道会場)、日本地図学会、一般社団法人 日本リモートセンシング学会(50音順・申請中含む)
参加登録 こちらのサイトからご登録ください
入場料 無料・事前登録制

※1 矢野経済研究所調べ

掲載種別

掲載日

  • 2017年8月22日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る