My Esri 利用手順

ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスの変換

ArcGIS Desktop 単独使用(SU)ライセンスまたは同時使用(CU)ライセンスをご契約の方向けに、ArcGIS Pro についてはデフォルトで指定ユーザー ライセンスが提供されています。
My Esri では指定ユーザー ライセンスを SU ライセンスまたは CUライセンスへ変換することが可能です。

※ArcGIS Online の GIS Professional ユーザータイプでも ArcGIS Pro を利用可能ですが、GIS Professional のご契約では SU ライセンスまたは CUライセンスへ変換できませんのでご注意ください。

指定ユーザー ライセンスと SU/CU ライセンスの違い

指定ユーザーライセンス、SU/CU ライセンスの使用上の違いについては、ArcGIS Pro のライセンスをご参照ください。これらの違いを理解した上で、利用状況に最適なライセンスをご選択ください。

Image
※指定ユーザー ライセンスでは保守期日がライセンスの利用期限となり、期日を過ぎると使用できなくなりますが、SU/CU ライセンスは期限なしの永続的なライセンスとなります。

ライセンス変換時の重要事項(移行を検討する際には必ずご確認ください)

指定ユーザー ライセンスから SU/CU ライセンスに変換する際には、以下の点にご留意ください。

  • ・My Esri 組織内の管理者によって、[ライセンス アクションの実行] 権限が割り当てられているユーザーのみ本機能が利用可能です。
  • ・変換後の ArcGIS Pro のライセンス タイプ(SU/CU)は、現在ご契約されている ArcGIS Desktop のライセンス タイプ(SU/CU)と同様です。
  • ・指定ユーザー ライセンスから SU/CU へ変換する場合、まずコア ライセンス(Basic/Standard/Advanced)の変換が必要です。コア ライセンスの変換後、エクステンション(3D Analyst, Network Analyst, Spatial Analyst 等)の変換を行ってください。

ライセンス変換に伴う作業

ライセンス変換に伴う作業の流れは以下の通りです。

Image

STEP 1:My Esri で変換

重要事項の条件を満たすにも関わらず、My Esri サイトから指定ユーザー ライセンスの変換が行えない場合は、お問い合わせください。

 

STEP 2:メールを受領

STEP 1 の完了後、アカウントに登録されているメールアドレス宛に、送信元:My Esri <no-reply@esri.com>から件名:「ArcGIS Pro ライセンスの割り当て」のメールが数分程度で届きます。
※変換後の認証番号を My Esri サイト上で確認できるようになるには、変換実行後 45 分程度要します。

 

STEP 3:SU/CU ライセンスを認証する

受領したメールに記載の「このライセンスを使用するための手順」を進めてください。
以下のヘルプページにも手順の記載がございます。