ArcGIS プラットフォームの HTTPS 通信強制化に関する重要なお知らせ

概要

Esri 社は、ArcGIS Online と World Geocoding Service に対して、「HTTPS 通信のみ許可」と HSTS の実施を計画しています。この重要なセキュリティ更新により、一部の ArcGIS ソフトウェアおよびカスタム ソリューションが影響を受ける可能性があります。World Geocoding Service は 2020 年 9 月 9 日に、ArcGIS Online は 2020 年 12 月 9 日に HTTPS 通信強制化が実施される予定です。

ArcGIS プラットフォームは、Web およびサービス API 接続のセキュリティの重要な要素として HTTPS プロトコルを使用します。これには、ArcGIS Desktop や ArcGIS Enterprise などの ArcGIS 製品から ArcGIS Online への接続も含まれます。

備考

「HTTPS 通信のみ許可」は、2018 年 9 月以降の ArcGIS Online ではデフォルトの設定となっているため、それ以降に新しく開設された ArcGIS Online 組織では、HTTPS を無効にするオプションはありません。バージョン 10.4 以降の ArcGIS Enterprise では、HTTPS ENABLED がデフォルトとなっていましたが、バージョン 10.7 以降は HTTPS ONLY がデフォルトとなっています。ArcGIS Enterprise では、必要に応じてこの機能をオフにするオプションがあります。

HTTPS 通信強制化の影響を受ける ArcGIS 製品の確認方法につきましては、ArcGIS プラットフォームと HTTPS Only の施行に関する重要な更新をご確認ください。

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る