統合型 GIS ソリューション

地方自治体における業務の効率化・高度化を図るために

地方自治体では、頻発する風水害、人口減少、設備の老朽化など様々な問題に対応するため、GIS が幅広く活用されています。
各原課が保有する地図情報を一元的に集約し、組織横断的に情報共有するための統合型 GIS は、単に地物を管理するためだけではなく、施策を立案するための意思決定支援ツールとして、活用が高まっています。
ArcGIS の豊富な解析機能により、地方自治体における業務の効率化・高度化を実現します。

概要

地図情報の一元管理

庁内で原課が保有する背景図や主題図を統合型 GIS で一元的に管理し、自らが作成した情報と重ね合わせて見ることで、これまで見えなかった行政面での課題や特性を把握することができます。

→ 詳細はこちら

解析機能による施策の立案

解析機能による施策の立案

ArcGISの豊富な解析機能により、様々な施策の立案に役立てることができます。例えば道路ネットワーク解析では、公共施設から自動車や徒歩で到達圏を表示することで、立地場所が適切かどうかを判断することができます。

→ 詳細はこちら

 

特長

汎用性

汎用性の高い製品をそのまま統合型 GIS のアプリケーションとして提供いたしますので、決められた業務に止まらず、自治体職員様の発想で、様々な業務にご活用いただくことができます。

豊富なアプリケーション

提供いたします統合型 GIS は、現地調査アプリや情報を集約するためのアプリ、Microsoft Office と連携するアプリなど複数のアプリケーションがバンドルされており、目的に応じた業務の効率化が図れます。

連携性

ArcGISは、Dektop製品、サーバー製品、モバイル製品、クラウド製品など多様な構成でアプリケーションを構築することができるため、自治体の地図情報基盤(プラットフォーム)としての役割を担うことができます。

基幹系業務システムと ArcGIS 連携による先進的な データ利活用環境を構築

基幹系業務システムと ArcGIS 連携による先進的な データ利活用環境を構築

千葉県浦安市では、基幹系業務システムが持つ住民記録、税、福祉等の情報をArcGISに容易に取り込む仕組みを構築したことにより、情報を可視化し、分析することで、迅速かつ効果的に施策の立案が行えるようになりました。
詳細はこちら

「地図のまち(都)北九州!」を目指して

「地図のまち(都)北九州!」を目指して

福岡県北九州市を中心とする近隣自治体3市2町では、「ArcGIS自治体サイトライセンス契約(原則数の制限なしにArcGISのライセンスを利用できる契約)」を締結しており、ArcGISを活用した自治体間連携による課題解決を実現しています。

詳細はこちら

よく利用される製品

Portal for ArcGIS

ArcGIS Apps

ArcGIS プラットフォーム

ArcGIS Solutions

ArcGIS Insights

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る