事例 > GISで最適なルート計画と輸送車の移動距離の短縮が可能に

事例

GISで最適なルート計画と輸送車の移動距離の短縮が可能に

ドイツ DHL

 

DHLは、35年以上にわたり国際輸送物流業における革新的なリーダーであり続けています。同社は現在、郵政民営化により発足したドイツポスト社の傘下にあります。ドイツポストは2003年に米国第3位の急送便企業であるAirborne Express社を買収し、DHLに統合して、現在DHLエクスプレスとして知られている部門を作成しました。今日、DHL Expressは55万人の従業員を擁し、 220カ国・地域での荷物や商品の輸送を管理しています。

課題

image
配送計画の例

DHLは、業務効率の改善方法を常に考えています。 2002年、テストプロジェクトの一環として、同社はスウェーデンで稼動するトラック1,400台の集配システムの合理化に取り組み始めました。集配関係のコストは、同社の日常業務における総コストの40パーセントを占めています。DHLのドライバーは、毎朝の勤務時間内に平均して30分、発送する荷物の仕分けに費やしていました。当時、発送物は郵便番号によって分けられていたため、山積になった荷物は4、5台の配送車によって手分けして運ばれていました。ドライバーは、貴重な時間を使って山積の荷物を一つ一つ確認し自分の配送ゲートに移動しなければならなかったのです。これは、探し物と積み込みに長時間かかる上に、人的ミスも起こりやすいということを意味していました。「荷物の発送準備や他業務についての改善点が見つかれば、当社の総生産性に非常に良い影響があると考えたのです。」 DHL Expressのプロセス開発マネージャであるヘンリク・ダーリン氏は述べています。「解決策をみつけることが最重要でした。」

解決策

このことを念頭に置き、 DHLは、仕分け作業やロジスティクスの改善を支援するためのいくつかのソリューションを調査しました。同社が集荷場での仕分け作業や物流管理を改善するために選択したのはESRI社の地理情報システム(GIS)ソフトウェアでした。メインフレーム環境を使用することにより、DHLは、ArcGIS Serverソフトウェアを使用し端末同士をWebでつなげ、リソースを割り当てることができるようになりました。これによりスタッフは、ArcGIS Serverを使って配送ルートや集荷場所を管理するだけでなく、必要なときには地図データの編集もできるようになりました。GISがオペレーションの一部となることにより、今ではすべての配送準備を前日の夜までに完了できるようになりました。「ジオコーディング(住所から緯度経度に変換する機能)がこのソリューションの要なのです」 ダーリン氏は説明します。「これがなければ、システム全体が機能しません。」

まず、データ入力スタッフがメインコンピュータシステムに翌日の配達のための情報を入力します。その情報は自動的にArcGISサーバーにロードされ、そこで届け先住所がジオコーディングされて、マップと照合され、どの配送地区に属するか決定します。配送地区は、ルートやドライバーを基に作成されます。これらの配送地区はその後、割り当てルールとドライバー入力に基づき個々の一日の配送計画へと細分化・最適化されます。すべてのデータは携帯端末とLANを介して施設全体で共有できるため、スタッフはすべてのデータにいつでもアクセス可能です。

配送計画が作成されたら、納品書と配達コードは、各荷物と同期されます。新システムの結果、今ではドライバーがターミナルに到着する時間には正しい配送ゲートに荷物が配置されています。ドライバーがダブルチェックをして荷物を積み込んでも、システムが実装される前にかかった半分の時間でターミナルの外に出ることができるようになりました。

ターミナルごとのツアーの数を最適化することができれば、 DHLは、配送チームの規模と各車両の走行距離を最小限に抑えることができます。ルートは毎日最適化することができるため、冬の休暇シーズンなどの出荷ピーク期間中に必要となる労力とリソースを減らすことができます。このシステムはすぐに稼動し、各種パラメータの設定とフェールセーフ対策も組み込まれました。 「システムが停止するような事があってはなりませんからね」ダーリン氏は強調して言います。 「我々はシステムに依存しています。これが機能しなくなったら本当に困ります。」

結果

image

DHLがArcGIS Serverを使用する以前は、集配ターミナルで膨大な時間を割いて車両グループごとに荷物を並べ替えていた上、エラーが発生する余地も大いにありました。 ArcGIS Serverを実装した後、DHLは、大まかにしか荷物を仕分けることができない郵便番号を使わず、個々の配送ルート用に荷物を並べることができるようになりました。これにより、荷物の並べ替えや詰め替え場所を決定するために費やす時間と労力を50%削減することができました。節約できた時間は、一日の1配送ルートあたり約30分相当になり、DHL Expressは現在、端末から一日あたり1200もの配送ルートを運営しています。

最適なネットワークが構築できれば、総輸送コストが低下し、各車両の走行距離を最小限に抑えることができます。「これにより当社の競争力が向上し、荷物の回転率が上がり、利益も向上しました」とダーリン氏は言います。ツアーの最適化は、集配と配送チームのコスト低下につながります。適正な配送価格で、配達時間内に正確に荷物を届けることにより、顧客の満足度を高め、顧客ロイヤルティの向上につながります。

DHL Expressは、ArcGIS Serverにより一石三鳥の業務改善効果があったといいます。本来の目的が達成されただけでなく、顧客へのサービスも向上したこと。そして、運転時間が正確になったため、環境への影響が軽減されたことです。

関連業種

関連製品

掲載日

  • 2016年9月21日

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る