事例 > 人口密度・土地利用・道路ネットワークなどの GIS データを基に古代ポンペイの街を3Dで再現

事例

人口密度・土地利用・道路ネットワークなどの GIS データを基に古代ポンペイの街を3Dで再現

ポンペイ サイバー ウォーク プロジェクト

 

“プロシージャル ポンペイ”は、CityEngine モデリング ソフトウェアのテスト ケースでヨーロッパのサイバーウォーク プロジェクトの環境として作成されました。従来 3D 古代都市を作成するには、コスト面の問題からメインの建物だけを 3D 化することが主流でした。

そこで、人口密度や、土地利用、道路ネットワークなどの GIS データを基に、CityEngine で詳細で大規模な街を作り上げ、シェープ グラマー ルールを使って現存する建物の画像や、遺跡データや史実に基づく塗装などの情報を基にポンペイの街を作り上げました。

 

 

2012_ポンペイ_1

2012_ポンペイ_2

関連業種

関連製品

掲載日

  • 2012年9月27日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る