事例 > 顧客と地域をより深く知るための発展系地図活用

活用法

顧客と地域をより深く知るための発展系地図活用

 

1. 地図のWeb化による情報共有

作成したマップをクラウドサービス”ArcGIS Online”にアップロードすることにより、顧客情報や地域情報を情報を共有することができます。
例えば、顧客ステータスごとの顧客分布マップや人口や年齢などの統計データを用いた地域特性分析をクラウドサービスにアップロードし、事業エリアを可視化することができるので、状況把握や営業戦略立案などに活用することができます。また、クラウドサービスの機能で複数の訪問顧客のルート解析も実施することができるので、効率的な営業活動をご支援することが可能です。

地図のWeb化による情報共有のデモ動画
画像をクリックすると動画が再生します
デモ動画:重点顧客への訪問ルート解析
(再生時間 1:52)

2. モバイル活用による効率的な顧客情報収集

クラウドサービスをご契約いただくと付属される現地情報収集モバイルアプリケーション”Collector for ArcGIS”を活用することにより、効率的に顧客情報の収集を実施することができます。モバイル端末からクラウドサービスにアクセスし、訪問前の顧客情報の確認、顧客訪問時に得た情報の入力、契約時の顧客ステータス更新など様々なシーンで活用することが可能です。地図とモバイルを活用することにより、効率的な営業活動を実施することができます。

モバイル活用による効率的な顧客情報収集
画像をクリックすると動画が再生します
デモ動画:顧客訪問時に現地情報をすぐに記録 (再生時間 0:43)

3. ダッシュボードによる地図のCRM化

クラウドサービスをご契約いただくと付属されるダッシュボードアプリケーション”Operations Dashboard for ArcGIS”を活用することにより、営業状況や地域状況をダッシュボード化し、モニタリングすることができます。日々の営業活動の状況確認やエリアごとの営業戦略立案など各種営業フェーズで活用することが可能です。また、”Collector for ArcGIS”で入力した内容もダッシュボードに反映することができるので、CRM的に活用することができます。

ダッシュボードによる地図のCRM化
画像をクリックすると動画が再生します
デモ動画:営業活動や地域情報をダッシュボードで可視化 (再生時間 0:42)

 

ESRIジャパンでは、地図(地理情報)を活用することで、電力事業者様の電力小売り自由化対策をご支援いたします。

 

電力小売り事業社向け2つの『地図活用ハンドブック』配布中!

電力業界での地図活用をご紹介『電力小売り自由化を勝ち抜く ビジネスマップ活用術
すぐに活用できる地図データ活用法『エリアマーケティングを強化する データ活用術
ご希望のお客様は下記ボタンからお申し込みください。

『地図活用ハンドブック』申し込み

本ハンドブックは電力小売り事業社のみ配布させていただいております。
配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2015年8月18日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る