事例 > ホームヘルパーの効率的な訪問ルートの分析

活用法

ホームヘルパーの効率的な訪問ルートの分析

 

効率的なサービスの提供の必要性

2000年に介護保険制度が開始されて以降、ホームヘルパーが家庭を訪問し、介護を行うサービスである訪問介護サービスの需要が増加しています。訪問介護においては、利用者に対してサービスを確実に提供することが求められています。また、サービスに携わる人手の不足により、経営難に陥った企業も数多くあり、効率的にサービスを提供し、収益を上げる必要があります。

効率的な訪問ルートを分析

Network Analyst エクステンションと、ArcGISデータコレクション 道路網を組み合わせて、配車ルート解析(VRP)を利用することで、ホームヘルパーの効率的な訪問ルートを分析することができます。

効率的な訪問ルート

多様な設定も可能

各ホームヘルパーに対して、勤務開始時刻や休憩時間などの設定が行えるほか、各利用者に対する往訪の時間指定、ヘルパー一人あたりの勤務負荷の上限設定、ある利用者に対して特定のヘルパーを指定することができるなど、多様な設定を行うことができ、柔軟な訪問ルート分析が可能です。

多様な設定

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年10月4日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る