事例 > NetCDFデータの活用

活用法

NetCDFデータの活用

 

NetCDF データは、テンポラル データや多次元データを格納するために一般的に使用されている、バイナリ データ フォーマットであり、主に大気、気候、海洋アプリケーション上で使用されます。このフォーマットは、大規模な気象予報モデルや気候変動モデルといった数値 モデルの結果を格納することに加えて、観測用データにも使用されます。ほかのデータソースと同様に、表示、グラフの作成、アニメーションの作成、および解析に使用することができます。

上の画像は、アメリカの国立気象記録センター(US National Weather Service)のNDFD(National Digital Forecast Database)から得られた風速、風向、気温データからなるNetCDF データセットを示しています。

レイヤが2 つ定義されており、1 つは風速と風向、もう1 つは気温を示しています。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年9月23日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る