事例 > 大気中の有害物質飛散量をマッピングする

活用法

大気中の有害物質飛散量をマッピングする

 

大気汚染や放射性物質の拡散といった現象は、広い範囲に被害をもたらします。影響範囲の把握には、GISを利用した、測定結果の可視化が有効です。 広域なエリア内では、すべての地点で現象を測定することは、費用面や人材確保の面から非常に困難ですが、かわりに、複数の地点で測定したサンプリングデー タに対して内挿補間処理を行うことで、未測定地点の値を予測し、効率的に現象を可視化することができます。

サンプリングデータの入力

調査対象地域に配置した測定地点で得た大気中の有害物質飛散量を、測定地点の緯度経度情報に基づきポイントデータとして入力します。

ポイントデータは、緯度と経度が入力されたテキストデータやExcelデータがあれば簡単に作成することができます

対象エリア内の有害物質飛散量をマッピングする

入力したポイントデータに対して内挿補間処理を行うことで、サンプルとして測定したデータに基づき対象エリア内のすべての地点の有害物質飛散量を予測した面的なデータを作成できます。

作成されたデータは、状況把握だけでなく、拡散予測や対応策立案のための基礎情報としても活用できます。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年9月23日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る