事例 > 農林水産業における宇宙からの観測データ利用例

活用法

農林水産業における宇宙からの観測データ利用例

 

広域に亘る資源の把握・管理・予測、収穫物の品質向上、業務の効率化・自動化など宇宙の様々な利用が期待される農林水産業。ArcGIS は基盤プラットフォームとして貢献。

活用方法

日本初、草地管理に GIS とリモートセンシングを本格活用で地域創生推進

日本初、草地管理に GIS とリモートセンシングを本格活用で地域創生推進

これぞGIS /リモートセンシング! 牧草の生育状況を衛星画像解析により把握。地籍データと重ね合わせ、組合員が直感的に状況を把握し草地更新を実践
詳細はこちら

海洋空間情報を活用し漁場予測や水産資源の管理を実現

海洋空間情報を活用し漁場予測や水産資源の管理を実現

人工衛星が観測した海流や海水温などのデータをもとに、海の天気予報と漁獲が多く見込めそうな漁場の位置情報を漁業者に配信するための研究を行っている。
詳細はこちら

衛星画像を利用した海苔養殖場の判読

衛星画像を利用した海苔養殖場の判読

千葉県富津港は、東京湾内でも最大の海苔の養殖場です。毎年 10 月から翌年 3 月頃まで養殖が行われます。そしてこの海苔養殖の様子は衛星画像でも確認することができます。

詳細はこちら

関連リンク

関連業種

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2018年8月30日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る