事例 > 小水力発電における適地選定シミュレーション

活用法

小水力発電における適地選定シミュレーション

 

ポテンシャルエリアの絞り込み

地形・河川・気象・自然災害・保護委区域など各種データを使用して、GIS でポテンシャルエリアの絞り込みをすることができます。事前に絞り込みすることにより対象エリアや河川の比較検討、または現地調査など各種業務の時間とコストを削減することができます。

ポテンシャル地点の抽出

ポテンシャルエリアを絞り込んだ後、対象河川のラインデータや落差、河川勾配度などを用いてポテンシャル地点(河川の該当区間)を抽出することができます。さらに抽出したポテンシャル地点の流量などを推定することにより発電量を計算することができます。

自然災害リスクデータの活用

適地選定シミュレーション時、地震・浸水・土砂・台風・豪雪などの自然災害リスクデータを活用することにより、様々なリスクを可視化することができます。発電に適した土地で合ったとしても、自然災害の影響で設備が破損する可能性がある土地を避けることができ、より精度の高い適地を抽出することができます。

モバイル端末による現地調査結果の入力と Web マップによる情報共有

現地調査結果の報告を紙や Excel ではなく、モバイル端末を使用し現地で入力することにより、効率化することができます。また、写真添付などもすることができるため、より詳しい現地の情報を報告することができます。本部側では、現地調査結果が入力された Web マップを確認することができるため、情報共有や意思決定を迅速化することができます。

その他再生可能エネルギーの活用法


※ 本ハンドブックは電力小売事業社のみ配布させていただいております。 配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2018年5月10日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る