イベント > 自治体・教育機関向けGIS活用セミナー2016 (GISコミュニティフォーラム in 九州)

イベント

自治体・教育機関向けGIS活用セミナー2016 (GISコミュニティフォーラム in 九州)

 

9月1日(木)に弊社が開催いたします「GISコミュニティフォーラムin九州」と同時開催で「自治体・教育機関向けGIS活用セミナー」を開催いたします。本セミナーでは、自治体におけるGIS活用の先進的な事例や自治体と大学の地域連携においてGISを活用した事例発表を行います。本セミナーを通して、どのような課題に対し、GISを活用していけばよいのか、自治体のGIS業務に特化した内容で皆様に情報提供いたします。 是非、ご参加ください!

概要

日 時 2016年 9月 1日(木)10時 ~ 12時 30分(9時 30分受付開始)
会 場 アクロス福岡 6階 会議室606
会場へのアクセスはこちら
対象者 地方公共団体/官公庁の職員および教育関係(大学・高校等)の教職員限定
定 員 30名 (お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。)
参加費 無料・事前登録制

※スマートフォンを使ったワークショップを行いますので、スマートフォンをお持ちの方はご持参ください。

 

※競合製品、及び類似製品の事業に携わっておられる方の参加はご遠慮下さい。

参加申し込み

 

同時開催

GISコミュニティフォーラム in 九州
本セミナーへ参加登録された方は、GISコミュニティフォーラムへもご参加いただけます(GISコミュニティフォーラムへの参加登録は不要です)。

 

アジェンダ

(1)事例発表

自治体と連携した電力・エネルギー分野へのGISの応用事例の紹介

自治体が保有する数値表層モデル(DSM)を利用して、太陽光発電と電気自動車のエネルギー輸送をモデル化し、災害時にも応用できるエネルギーの見える化を実現した。

九州工業大学 工学研究院 教授
三谷 康範 氏

地元大学と連携した自治体災害業務へのGIS適用事例の紹介

災害時の電力確保とG-mottyを活用した熊本地震における後方活動の内容とは・・・

北九州市 総務局 情報政策部 情報政策課 主査
塩田 淳 氏

(2)ワークショップ

新しい現地調査を提案!

現地調査は紙地図でおこなっていますか?詳細な地図がなくてお困りではないですか?本ワークショップを通して、スマートフォンを活用した最新の現地調査のやり方を体験します。

兵庫県立大学 准教授
浦川 豪 氏

(3)活動報告

地域・地域情報・地域人財を醸成するためのGeoMentorプロジェクトの立ち上げ

GISを使いたくても活用しきれずに困っている人がいる反面、地域の活性化・地域貢献のためにGISのスキルを活かして情報発信をしたいという人たちがいます。それらの人々に地域をキーワードとして、地域の中で、地域課題に対して双方が助け合える仕組みづくりについてのご紹介です。

兵庫県立大学 准教授
浦川 豪 氏

 

参加申し込み

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る