イベント > 自治体・教育機関向けGIS活用セミナー in 九州

イベント

自治体・教育機関向けGIS活用セミナー in 九州

 

10月7日(水)に弊社が開催いたします「GISコミュニティフォーラムin九州」と同時開催で「自治体・教育機関向けGIS活用セミナー」を開催いたします。本セミナーでは、自治体におけるGIS活用の先進的な事例や自治体と大学の地域連携においてGISを活用した事例などの発表を行います。またワークショップを通して、どのような課題に対し、GISを活用していけばよいのか、自治体のGIS業務に特化したメニューで皆様に情報提供いたします。 是非、ご参加ください!

概要

日 時 2015年 10月 7日(水)10時 ~ 12時 30分(9時 30分受付開始)
会 場 アクロス福岡 6階 会議室601
会場へのアクセスはこちら
対象者 地方公共団体/官公庁の職員および教育関係(大学・高校等)の教職員限定
定 員 30名 (お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。)
参加費 無料・事前登録制

 

本セミナーは終了しました

 

同時開催

GISコミュニティフォーラム in 九州
本セミナーへ参加登録された方は、GISコミュニティフォーラムへもご参加いただけます(GISコミュニティフォーラムへの参加登録は不要です)。

 

アジェンダ

(1)事例発表

行政と公立大学で結ばれた包括連携協定を利用した地理空間情報およびモバイルGISの活用

これまで報告者ならびに報告者のゼミでは、地理空間情報を数多く所有する地方自治体とGISを活用した研究や教育を行っている大学との間で結ばれた包括連携協定締結を活用し、佐世保市情報政策課との地理空間情報を利用した取り組み、ならびに都市政策課との人口減少社会に対応した将来都市実現構想研究において、モバイルGISを活用した斜面旧市街地の調査等を行った。本講演では、長崎県立大学と佐世保市間のこうした官学連携事業を紹介する。

長崎県立大学 経済学部 教授
石川 雄一 氏

地域情報ポータルサイトG-mottyのキーワードはズバリ『みんなで創る』です!

平成25年10月に稼動した地域情報ポータルサイトG-motty。大学、民間企業、住民そして自治体が連携し、日々、より地域の濃い情報を発信できるようになってきました。北九州市が考える今後の『みんなで創る』地域情報ポータルサイトG-motty活用戦略とは・・・。

北九州市総務企画局情報政策室
塩田 淳 氏

(2)ワークショップ

地理空間情報に親しむ、災害に備えて普段からできることを考える

災害現場に代表される普段の生活とは異なる現場では、現在起こっている状況を限られた情報から迅速にまとめ、把握し、適切な対応(行動)を実施する、言わば俯瞰力が求められます。危機的な状況を想定し、事前に準備をすることも大事ですが、普段から俯瞰的な情報として地理空間情報に関心を持ち、親しむことが必要ではないでしょうか?
本ワークショップでは、作成した「GIS を使った主題図作成講座」(古今書院)の内容について触れ、主題図の考え方、作成プロセスについて学ぶとともに、局地的大雨のハザードを対象として、災害発生後の対応のために必要な主題図をワークショップ形式で議論、作成(白地図と透明シートを利用)する参画型の演習を実施します。自分自身が学ぶ、試すとともに、技術レベルが異なる人と主題図作成について議論できる手法を習得することを目的としています。

兵庫県立大学 准教授
浦川 豪 氏

 

本セミナーは終了しました

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る