事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

平成 30 年 7 月豪雨における建物被害調査

倉敷市

迅速な住家被害認定調査により、被災された市民の方々の1日も早い生活再建を! 課題 災害発生後の素早いシステム構築 迅速な住家被害認定調査 リアルタイムな調査進捗の把握と管理 導入効果 クラウド GIS の活用により導入決(詳細はこちら)

地元建設コンサルタント企業の災害対応における GIS の活用

中電技術コンサルタント

行政からの災害情報を素早く正確に ArcGIS 上に可視化! 課題 災害時に行政機関が保有する多くの文字情報に位置情報を付与し、正確な情報の地図上への速やかな可視化 汎用 GIS によるオープンデータ(外部機関等が公開す(詳細はこちら)

平成 30 年 7 月豪雨災害被災地における GIS 活用

広島大学

災害ボランティアセンターにおける地図の活用 課題 災害時のボランティアセンター運営における地図の活用 各フェーズにおける地図に対するニーズの変化 導入効果 GIS 上に情報を記録することで、全域地図や詳細地図を短時間で作(詳細はこちら)

安全対策に向けた交通事故分析情報の公開と安全教育の地区選定

山形県警察本部

山形県内の交通事故件数の削減に向けた施策立案を行う山形県警察本部 交通部交通企画課(以下、山形県警)では、県内で発生した交通事故情報をArcGISで分析することで、交通事故が発生しやすい地点を把握し、地域の安全対策として交通事故発生状況を山形県警のホームページを通じて公開した。また、例年秋から冬にかけて多発する高齢歩行者の事故対策として、高齢者の住居状況などの統計情報と交通事故状況を重ね合わせた分析を行うなど積極的な GIS 活用に取り組んでいる。

学際系・文理融合系学部における教育・研究面での GIS 活用

福山市立大学

授業、研究、市の政策立案支援に幅広く GIS を活用 課題 文理融合系学部における基盤となるスキルの習得 導入効果 分野を横断して活用できる GIS スキル習得のための授業の導入 授業だけでなく災害時の状況把握、市の政策(詳細はこちら)

ArcGIS Online を活用した「オンライン授業(GIS 演習)」を開講

放送大学

インターネット環境でいつでもどこでも学べる GIS 課題 面接授業では開講場所・日時が限定されてしまうため、すべての受講者に GIS 演習の提供が困難 導入効果 インターネット経由のオンライン授業により、場所や時間の制約(詳細はこちら)

行政境界を越えた政策立案/人材育成を目指して

愛知大学

ArcGIS で自治体や地域住民との地域連携を促進 課題 越境地域での歴史や文化のつながりを生かした政策立案 地域住民と連携した政策立案ができる人材育成 導入効果 自治体での研究成果の活用 地域住民と学生のコミュニケーシ(詳細はこちら)

公園行政におけるエビデンスに基づく政策の推進

札幌市

ArcGIS モデルビルダーによるモデル作成で合理的根拠に基づく公園の機能分担マップ作成を実現 課題 機能分担を実施する公園の選び方 導入効果 機能分担を実施する公園の適地選定工程の自動化 モデル作成による公園選定作業の(詳細はこちら)

「地域の基礎データ」整備による協働と参画のまちづくり推進

神戸市

GIS を活用した地域課題の共有と合意形成への支援 課題 地域団体が地域の課題を抽出するために、より小さな単位での地域情報(統計情報)の提供が必要 導入効果 小学校区単位の地域情報(統計情報)を整備・公開することで、地域(詳細はこちら)

農業の復興に向けた ArcGIS による 有害鳥獣被害の情報公開と対策立案

福島県 南相馬市

有害鳥獣の目撃・捕獲情報を ArcGIS に取り込み、市民への情報提供を迅速化 農作物などへの被害発生を未然に防ぐための対策立案の検討材料として活用 ArcGIS プラットフォームの特徴 3 つの地区担当職員が目撃・捕獲(詳細はこちら)

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る