事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

アナログからデジタルへの大転換

東京電力パワーグリッド

災害対策用地図の作成がわずか数分に! 課題 各設備情報のデジタル化 災害対策用地図の作成時間の短縮 導入効果 災害対策用地図の作成が数時間からわずか数分に短縮 データに基づくリスクマネジメントを検討するきっかけに 概要 (詳細はこちら)

医療分野への GIS 導入 ~北九州市立医療センターの挑戦~

北九州市立医療センター

院内 GIS ワーキンググループの発足と平成 30 年 7 月豪雨の遠隔支援による給水所マップの作成 課題 患者サービスの向上や経営分析への地図や GIS の活用 職員が地図や GIS を活用した問題解決手法の理解 給水(詳細はこちら)

超高精度な数値表層モデルと気象情報を加味した太陽光発電システム日射量解析手法

九州工業大学

日射量解析システムで太陽光発電パネルの出力に影響を与える「部分影」を解析 課題 太陽光発電パネルにかかる部分影が起こす出力低下 天候変動による太陽光発電システム出力低下 導入効果 数値表層モデル(DSM)があれば任意の日(詳細はこちら)

現地調査アプリとダッシュボード アプリの連携でいち早く情報を集計

現地調査で収集したデータをリアルタイムに集計 クラウドGIS である ArcGIS Online は、Collector for ArcGIS と Survey123 for ArcGIS の 2 つの現地調査アプリを提(詳細はこちら)

動画:配送ルートの最適化により年間 4 億ドルの経費削減に成功

UPS 社(ユナイテッド・パーセル・サービス)

1 日 1,900 万個の荷物を配送する UPS は配達経路の効率化に向け、独自のアルゴリズムと Esri のプラットフォームを組み合わせることでドライバーに最適なルートを示す交通経路の統合最適化ナビゲーションを開発し、(詳細はこちら)

3D航空気象ビジュアライザーの設計と評価におけるArcGIS API for Javascriptの活用

チューリッヒ工科大学

チューリッヒ工科大学は、航空気象に関する直観的な 3D 可視化表現の不足に対処するため、国際線を運行している航空会社と協力して、ArcGIS API for JavaScript を使用して気象予報データを 3D Web(詳細はこちら)

オープンデータカタログサイトの活用

オープンデータをさまざまなフォーマットでダウンロード可能 自治体が公開している、オープンデータの特長のひとつは「二次利用が可能」な事です。できるだけデータ形式を変換・加工することなく利用したいので、提供されるデータ形式は(詳細はこちら)

自治体オープンデータカタログサイトの公開

ArcGIS Online からポータルサイトを構築 政府は官民データの利活用社会を目指すため、自治体が保有する情報を「オープンデータ」として公開することを推奨しています。 クラウド GIS である ArcGIS Onl(詳細はこちら)

地域の産業構造の特徴を把握

経済センサスの活用 経済センサスには、地域ごとに産業別に事業所数や従業者数が収録されています。これらのデータを用いると、どのような地域にどのような産業が発展しているかを把握することができます。 東京23区の産業構造の特徴(詳細はこちら)

EBPM (エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング~証拠に基づく政策立案~) の観点から実現する待機児童対策

日本でも EBPM (Evidence Based Policy Making) という言葉が聞かれるようになりました。その意味ですが、内閣府の言葉をお借りすれば「政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策(詳細はこちら)

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る