事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

ArcGIS Online を活用した組織横断的な情報共有プラットフォーム

福岡県 宗像市

職員が考える運用フローに沿った災害対応アプリを職員自ら作成 ArcGIS プラットフォームの特徴 関係組織との横断的な情報共有がリアルタイムで可能に 状況に応じた複数アプリの連動 課題 災害時の情報共有 既存 GIS の(詳細はこちら)

土砂災害の被災地における緊急点検アプリの構築

国土交通省 中国地方整備局

TEC-FORCE が実施する緊急点検の効率化と隊員の安全確保を SMART SABO で実現 ArcGIS プラットフォームの特徴 調査現場や調査本部、本省間の活動状況のリアルタイム共有 位置情報を持った調査内容から報(詳細はこちら)

ArcGIS Online を活用した交通事故情報の公開

熊本県警察本部

県内の安全対策活動として交通事故情報を公開利用者の要望に応え小学校区での表示に対応 課題 県民からの交通事故情報提供のニーズの高まり 導入効果 県内の交通事故発生状況を一般公開 学校での交通安全教室でのマップの活用 概要(詳細はこちら)

スマートフォンを用いた水道用弁栓の現地調査

大阪府 吹田市

先駆的な取り組みにより、調査スピードが大幅に向上 課題 弁栓台帳が電子化されていない 調査の進捗が遅く、情報の更新ができていないエリアが多い 導入効果 業務の効率化 調査スピードが大幅に改善 調査のフローが確立し、外部業(詳細はこちら)

ツキノワグマの目撃情報の投稿アプリとマップ公開

秋田県

住民の安全安心な生活のためツキノワグマなどの野生動物の出没情報の公開に ArcGIS Online を活用 課題 野生生物の目撃情報の収集と情報公開 導入効果 住民のツキノワグマの目撃情報マップの利用増加 ツキノワグマの(詳細はこちら)

地域に潜む危険を GIS で調査・可視化

愛媛県松山市立三津浜中学校 / 愛媛大学 / 愛媛県警察松山西警察署

地域社会における未来の担い手を育成中学生が地域の危険な場所・安全を守る取り組みを調査! 課題 ICT を活用した地域調査のための技能の習得 地域社会の課題解決の担い手の育成を目指す授業実践 導入効果 アプリを活用すること(詳細はこちら)

文系学部・学科における GIS 教育と研究での GIS 活用

皇學館大学

伊勢志摩を中心とした地域資源のデジタル化と利用から人材育成まで GIS を幅広く活用 課題 学生の ICT 機器活用スキルの不足 高校地歴免許取得希望者の GIS スキルの不足 GIS 研究環境・情報発信プラットフォーム(詳細はこちら)

職員主導で運用を続ける GIS が貢献する、行政事務と市民サービスの変革

長野県 岡谷市

ArcGIS 自治体サイトライセンス導入から 10 年、職員自ら構築・運用してきた岡谷市の持続可能な GIS 活用と成功の秘訣 ArcGIS プラットフォームの特徴 職員主導でシステム・アプリの構築と運用を行い、業務効率(詳細はこちら)

国際協力プロジェクトで採用された ArcGIS Online の効果

玉野総合コンサルタント株式会社

約 100 万棟に及ぶ建物現況調査はいかにして遂行できたのか 課題 海外における効率的な建物現況調査 導入効果 調査の DX を実現 クラウド利用による作業の効率化 概要 玉野総合コンサルタント株式会社(以下、玉野総合コ(詳細はこちら)

包括的なライセンス管理により全社的な GIS の利用を促進

いであ株式会社

ArcGIS ライセンスの管理を一元化することでライセンスの最適化、手続きの省力化、コスト削減を図り、GIS の利用を促進 課題 ArcGIS 購入手続き業務の重複 有効活用できていないライセンスの存在 保守費用の増大化(詳細はこちら)