事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

農林水産業における宇宙からの観測データ利用例

広域に亘る資源の把握・管理・予測、収穫物の品質向上、業務の効率化・自動化など宇宙の様々な利用が期待される農林水産業。ArcGIS は基盤プラットフォームとして貢献。 活用方法 日本初、草地管理に GIS とリモートセンシ(詳細はこちら)

画像データの高速な解析処理ツール「ラスター関数」

ArcGIS では画像データ(以下、ラスター)を解析するツールとして、主にジオプロセシング ツールを使用する方法と、ラスター関数を使用する方法があります。ここでは、高速なラスター解析が得意なラスター関数についてご紹介しま(詳細はこちら)

衛星画像の活用(変化抽出)

画像判読の手法として Change Detection(日本語にすると「変化抽出」や「変化検出」)という、基本的なカラー合成を利用して 2 時期の変化を抽出する方法があります。2 時期の画像には、衛星から得られるマルチス(詳細はこちら)

衛星オペレーションの効率化における GIS の活用

衛星オペレーション スマートフォンによる地図アプリ(GPS)の普及、人工衛星による観測に基づく気象予報、世界中のカバーを目指すインターネット網の構築など、我々の生活において宇宙から取得する情報は重要な社会インフラとして必(詳細はこちら)

小水力発電における適地選定シミュレーション

ポテンシャルエリアの絞り込み 地形・河川・気象・自然災害・保護委区域など各種データを使用して、GIS でポテンシャルエリアの絞り込みをすることができます。事前に絞り込みすることにより対象エリアや河川の比較検討、または現地(詳細はこちら)

バイオマス発電の適地選定シミュレーション

適地選定の効率化 適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境を現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。データとツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間と出張コストを削減することが(詳細はこちら)

風力発電の適地選定シミュレーション

適地選定の効率化 適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境を現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。データとツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間と出張コストを削減することが(詳細はこちら)

災害発生時の道路啓開における情報集約と状況把握

道路啓開とは 道路啓開は、大規模災害発生時に被災地で緊急車両等が通行可能となるように道路上の瓦礫(がれき)等の除去処理を行い、救援ルートを確保する作業のことです。将来の大規模災害に備え、政府や自治体等では、防災計画の一部(詳細はこちら)

ArcGIS サイトライセンス導入による授業・研究での利用拡大

北見工業大学

地域に密接した研究が行われている北見工業大学では、授業や研究で GIS の利用ニーズがあったことからArcGIS サイトライセンスを導入し、GIS を通じて地域に根ざした取り組みに参加している

地域防災マップ「あがらマップ」のシステム構築

和歌山大学

地域に根差した防災教育活動を担っている和歌山大学では、地域住民への防災に対する関心を維持してもらうために ArcGIS を活用した「あがらマップ」を構築し、防災ワークショップの効率的な運営を実現した。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る