事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

2022 年「地理総合」必修化に向けた 産学官連携から考える GIS 教育の授業実践モデル

桐蔭学園(中学校・高等学校・中等教育学校)

社会とつながるキャリア教育を実践した探究「未来への扉」GIS ゼミ 課題 大規模校での GIS 教育の普及 桐蔭学園の教育環境に適した GIS 教育の授業実践モデルの考案 様々な地域で実践可能な汎用性のある GIS 教育(詳細はこちら)

高校「地理総合」必修化に向けた地理学と GIS の普及への取り組み

奈良大学

2022 年の高校「地理総合」必修化に向けた実践的な GIS 教材を開発ArcGIS Online で高校生や GIS 未経験者でも簡単に利用可能 ArcGIS プラットフォームの特徴 作成した教材用コンテンツを誰でも利(詳細はこちら)

ArcGIS を用いた固定資産データ利活用の成果

愛知県 半田市

GIS を用いて庁内データを活用し、業務に利用する地図を職員自ら作成 課題 業務委託の見直し 庁内データの有効な利活用 導入効果 業務委託費用の削減 庁内データ活用の促進 概要 半田市 税務課の皆さん 半田市は愛知県知多(詳細はこちら)

GIS 基盤の統一とデータ一元管理による業務の効率化・高度化の実現を目指して

千葉県 流山市

ArcGIS 自治体サイトライセンスによる庁内 GIS プラットフォーム構築と市民へのサービス向上 ArcGIS プラットフォームの特徴 子育て施設や介護施設を検索できるマップを市民向けに公開 統合型 GIS や個別業務(詳細はこちら)

ArcGIS が可能にした世帯位置情報と Microsoft Office との連携

福岡県 香春町

ArcGIS の他自治体との共同利用によるノウハウの共有と行政課題の解決 ArcGIS プラットフォームの特徴 住民の世帯位置情報の整備と部署横断的な利活用 Microsoft Office との連動による統合型 GIS(詳細はこちら)

統合型 GIS のポータル導入による職員の大幅な活用促進で EBPM を目指す

新潟県 長岡市

「アプリ」という概念が GIS 利用のハードルを下げ職員による業務アプリの作成が始まった ArcGIS プラットフォームの特徴 ユーザー自身によるアプリやコンテンツの作成 課題 職員によるマップの利用促進 GIS の E(詳細はこちら)

お客様の住環境に最適な損害保険の提案を目指して

損害保険ジャパン日本興亜

お客様の地域の災害リスクを可視化した「THE すまいのハザードマップ」を構築 課題 損害保険商品への理解浸透 最適な補償選択のための情報提供 導入効果 お客様の地域に潜む災害リスクの理解 保険商品に対する納得度の向上 概(詳細はこちら)

労働力調査における調査区地図の自動作成に向けた取り組み

総務省統計局

手書き地図と自動作成したプレプリントの併用へ業務効率化と知識継承コスト削減の実現に向けて 課題 住戸の抽出に用いる調査区地図の精度向上 都道府県・統計局による審査負担 導入効果 調査の精度向上 地図審査業務の効率化 既存(詳細はこちら)

ArcGIS を用いた微地形図「地貌図」の作成とその活用

シン技術コンサル

Model Builder によって誰でも簡単に微地形図「地貌図」が作成可能に 課題 微地形図「地貌図」の複雑な作成過程 地貌図の迅速な作成が困難 地貌図の消極的な活用 導入効果 誰でも容易に作成が可能 迅速な地貌図作成(詳細はこちら)

電力業界初! ArcGIS による基幹システムを構築

中国電力

2,000 人が利用する配電地図情報システムを ArcGIS プラットフォームで構築使い慣れた機能と先端 GIS 機能を融合 ArcGIS プラットフォームの特徴 基幹システムの地図データ基盤として、さまざまな業務アプリ(詳細はこちら)

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る